保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 1月から所得税や相続税のクレジットカード納付OKに!

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

1月から所得税や相続税のクレジットカード納付OKに!

2017/01/27
この記事に含まれるキーワード

◆国税がインターネット経由で納付できるようになりました

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/6f9c480297cd900f08055c86d08aff9c0504788a.82.2.14.2.jpg画像を拡大する決済手数料はかかりますが、自宅PCから24時間手続きできて便利です

自治体の一部で地方税(自動車税など)のクレジットカード納付が実現しています。さらに今年、2017年1月から国税のクレジットカード納付ができるようになりました。忙しく窓口になかなか行けない人に朗報ですね。

クレジットカードで国税を納付するには
1) 納付金額や税目が書かれた書類(確定申告書など)
2) 利用可能なクレジットカード
を手元に用意して、納付受託会社の運営する「国税クレジットカードお支払サイト」から手続きします(決済手数料は納税者負担)。

買い物でのクレジットカード利用と同様に、国税納付でもカード利用ポイントが付与されます(付与ルールはクレジット会社で異なります)。ただ、金融機関や税務署の窓口ではクレジットカード納付できません。ご注意を!

◆納付できる国税の種類は?決済手数料はいくらかかる?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/2690b5fbcd5bf41dd59bac7bbeef90a1cb183e9d.82.2.14.2.jpg画像を拡大する申告所得税(復興特別所得税)、贈与税、相続税などが納付対象です

Q&A(※1)によると、クレジットカードで納付可能な国税は、申告所得税(復興特別所得税)、贈与税、相続税など(右表参照)。本税だけでなく加算税や延滞税のみ納付する場合も利用できるそうです。

気になる決済手数料ですが、納付税額が
最初の1万円まで・・・・・・76円(消費税別)
1万円を超えるごとに・・・・76円(消費税別)ずつ加算されます。
※納付金額がわかれば「国税クレジットカードお支払サイト」で試算可能です。

決済手数料を率に直すと、納付金額の0.82%になります。
ポイント還元率が1%以上のクレジットカードをお持ちであれば、手数料を払ってもなお付与ポイントで得する計算です。

クレジットカード納付の上限金額は1,000万円未満です。しかし、実際はクレジットカードの限度額によります。決済手数料を含む手続額をカード決済可能額以下に抑える必要があるからです。

注意点は、クレジットカード納付時に領収書が発行されないこと。
WEB手続き後の取り消しはできませんので領収書が必要な人には向きません。

確定申告や相続税の申告予定がある人は、国税庁HPや上記サイトをチェックしてはいかがでしょう。


※1 クレジットカード納付のQ&A(国税庁)

  • mixiチェック
記事を書いた人海老原 政子エムプランニング 代表 二級FP技能士/AFP

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
国内生保の生命保険募集人の経験から、ライフプランの重要性に目覚めFP資格を取し、FP業務を開始。都内・千葉県にてセミナーや家計相談、執筆を行う。子育て中の主婦の目線を活かした、わかりやすい保険や住宅購入、家計改善アドバイスを提供する。
HP:エムプランニング
google+:海老原 政子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ