現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > 役割を終えた紙幣の第2の人生は、意外と身近なところに

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

役割を終えた紙幣の第2の人生は、意外と身近なところに

2017/02/28
この記事に含まれるキーワード

日本銀行って何してるとこ?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/b84003be654bf1bda47993834ea4a8f31b473561.77.2.14.2.jpg画像を拡大する日本銀行券(紙幣)の発行は日銀の役割

皆さんは、日本銀行(日銀)にはどんな役割があると思いますか? 「お札を発行しているところでしょ?」と思ったあなた、もちろん正解です。

それ以外に、民間の銀行同士がお金のやり取りをするときに、それぞれの銀行の当座預金からお金を振り替える「銀行の銀行」としての役割があります。また、皆さんが国に納めた税金などを預かる「政府の銀行」としての役割もあるのです。さらに、物価を安定させるための金融政策なども日銀の大切な業務です。

このような金融の元締めともいえるお堅い業務の他に、日銀ではさまざまな調査を行っています。その中のひとつに、私たちの普段の生活や行動に関する「生活意識に関するアンケート調査」というものがあります。

この調査、景気や物価、暮らし向きなどの他に、一風変わったアンケート結果も載っていますので、2016年12月に発表された中からご紹介しましょう。

紙幣もリサイクルされている

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/489323b7fe17521be908d8612c37839fe2fdc410.77.2.14.2.jpg画像を拡大する日本銀行情報サービス局「生活意識に関するアンケート調査」より

日銀は、紙幣の発行元としてこんなところにも気を使っているのかと感じた質問が、『銀行券(紙幣)の汚れ具合(クリーン度)』というアンケート。日常的に使われている紙幣の、汚れ具合(きれいさ)を、5段階で尋ねた結果が右図の通りです。

過去3回の調査で見ると、「きれいだ」と回答している紙幣は1万円券がもっとも多く、反対に「汚れている」と回答しているのは、千円券が一番多いという結果です。日常的にいちばん使われる頻度の高いであろう紙幣が、最も汚れているのは当然かもしれませんね。

筆者の感覚でも、確かに千円券は使用感たっぷりで、くたびれたお札が多い印象があります。ちなみに、お札の平均寿命は、一万円券で4~5年程度、千円券と五千円券で1~2年程度だそうな。また、汚損などで再び流通できそうにない紙幣は、日銀の本店や支店で裁断され、裁断屑の約70%は住宅建材、トイレットペーパー、事務用品などにリサイクルされているそうです。

もしかしたら、あなた住まいの一部は、お札が原料になっているかも!?

※参考:日本銀行ホームページ「教えて!にちぎん」

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ