現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 夢のマイホームが自己破産の原因に?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

夢のマイホームが自己破産の原因に?

2017/03/27
この記事に含まれるキーワード

資金計画は、想定外を想定して!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/4bd338dd7ffa8f90b1bbf7b7e2cd48686b02795a.26.2.14.2.jpg画像を拡大する安易な資金計画は失敗の元です

住宅ローンが支払えなくなり、マイホームを手放して自己破産となるケースが増えているようです。
日本弁護士連合会の調査によると、「住宅購入」が主な原因として破産した人は、2008年9.5%、2011年12.24%、2014年16.05%だったそうです。(※1)

マイホームの予算を考えるとき、借入可能額=返済可能額ではありませんので、融資が通ったからといって、安易に借りるのは危険です。

資金計画を作る際には、ライフスタイルが変化することを想定したライフプランを作成し、大まかな見通しを立てた上で、無理なく返せる金額を借りるのが理想です。

例えば支出の面では、マイホームの修繕費や老後の生活費に加え、子どもがいれば教育費、場合によっては親の介護費用の一部負担が必要になることもあるかもしれません。

収入の面では、会社が倒産したり、病気やケガで働けなくなることがあるかもしれません。

いろいろなことを想定しながら資金計画を作ると良いでしょう。

最悪の事態の対処法は?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/3a272e1083cc1ce23165b95cf54a69e14d3b0b14.26.2.14.2.jpg画像を拡大する最後は専門家の力を借りるのも一つの方法です

いくら綿密なプランを作っても、その通りになるとは限りません。
住宅ローンや税金の滞納が続いてしまうと、自宅が競売にかけられてしまうこともあります。

競売は住宅の販売価格が安くなってしまうことが多く、差し引きして残った住宅ローンは一括返済を求められるので、自己破産を選ぶ人も少なくないようです。

もし仮に競売になってしまった場合でも、「任意売却」や「個人再生」という方法で最悪のケースを免れることができる場合もあります。

任意売却は、競売より高く住宅を販売できる可能性があったり、残債を分割返済できるなどの柔軟性があります。
個人再生は、住宅ローン以外の借入を減額や分割払いにすることができます。

いずれの場合も、検討の際には専門の不動産業者か弁護士、司法書士に相談すると良いでしょう。
夢のマイホームが悪夢のマイホームにならないように、ライフプランと資金プランは余裕を持って作成することをおすすめします。

※1:2014年破産事件及び個人再生事件記録調査

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ