保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 学資保険で痛い目にあうケースがあるってホント!?

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

学資保険で痛い目にあうケースがあるってホント!?

2012/06/20
この記事に含まれるキーワード

大学受験から入学まで、どれぐらいのお金が必要?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/7bdf2c19b6d61f6179485bac0a4570eaff8d06ea.07.2.14.2.jpg画像を拡大するお子さんの大学受験には、どれぐらいのお金が必要?

大学受験や入学費用に関して「うちは学資保険があるから大丈夫!」と安心している皆さん、お金が必要な時期に予期せぬ事態が発生してしまうケースがあるので、どうぞご注意ください!





大学の入学時にはたくさんのお金が必要です。さて、どんな出費があるのでしょうか。

<平成24年度 国立大学の初年度納付金(授業料および入学料)の標準額>
・入学料:282,000円
・授業料:535,800円
(「国立大学等の受験料その他の費用に関する省令」より)

<平成23年度 私立大学の初年度納付金(授業料、入学金および施設整備費)の平均額>
・入学料:269,481円
・授業料:857,763円
・施設整備費:187,007円
(文部科学省「私立大学の平成23年度入学者に係る学生納付金等調査結果」より)

これらは「合格した大学に納める初年度納付金」。家計に負担を与える大きな出費であることは言うまでもありませんが、これ以外に、お住まいの場所によっては「交通費」「下宿代」なども必要になります。

さらに、意外と見落としがちなのが「受験料」「受験地までの交通費」「宿泊費」など、大学に合格するまでに必要な費用。一つひとつを見ればそれほど大きな金額ではないものの、滑り止めを含め、受験する大学の数だけ必要となるこれらの費用は、決して無視できるものではありません(静岡県に住む私の知人は、計30万円かかったそうです)。

そこで、これらの費用を準備するために、多くの人が利用しているのは「学資保険」。他にもいろいろな方法はありますが、自分でコツコツ貯金するのが苦手な人にとっては、確実に貯められる良い方法だと言えるでしょう。

ところがこの学資保険、あることを確認していなかったために、いざという時に大慌てしてしまうことも…。さて、その「あること」とは?

「学資保険があるから大丈夫!」と思っていたはずなのに…

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/cf4308cf37ce32c55117baebf48a842070dffa95.07.2.14.2.jpg画像を拡大するこの場合、支払い開始日は「平成25年8月30日」となります

これは、私の知人の失敗談です。
「受験した私立大学に無事合格し、さっそく入学金を振り込むことに。振込期限は2月16日。ところが、当てにしていた学資保険の支払い開始日は2月26日。仕方なく、利率の良かった定期預金を中途解約するはめに…」

大学の一般入試の場合、合格発表は2~3月。そして、多くの大学では、合格発表から約1週間後を「初年度納付金の振込期限」としています(推薦入試の場合は前年の10~12月頃に合格が決まるので、振込期限はさらに早くなります)。

学資保険のように、満期を迎えるとお金が戻ってくる保険には「支払い開始日」が設定されています。知人も、この「支払い開始日」をあらかじめ確認していれば、お金が必要な時期に慌てずに済んだはずです(「支払い開始日」の確認は、保険証券を見て調べるか、わかりにくい場合は直接保険会社に問い合わせてみましょう)。

また、受験校が決定した場合には、
①何のための費用が
②いつまでに
③どれぐらい必要になりそうか
という具体的な点についても、調べておくことをおすすめします。あなたの家計を守るためにも、できる限りの下調べをしておきましょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人細井 真紀家計のお医者さん 代表

<FP-RECOご当地FP®:静岡県>
「保険でこんな説明をしてもらったのは初めて!知らないって損だよね!」という皆さんのひとことが最高のご褒美です。自営業の夫、教育費がかかる10代の娘ふたり、義両親と同居中の主婦FPとお話していただければ、心の底に眠っている不安・疑問のすべてがスッキリ解決できますよ!
HP:家計のお医者さん

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ