現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > 今日からはじめる教育費対策

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

今日からはじめる教育費対策

2017/04/20
この記事に含まれるキーワード

教育費はバランスを重視

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/0280372e1e16f37e812b9e37bf2eea4b2e42166a.71.2.14.2.jpg画像を拡大する教育費は続くよ

「あと少し早く起きていれば遅刻しないで済んだ」、
「もう少し早く仕事に取り掛かっていれば納期に間に合った」など、
生活や仕事の所要時間を甘めに計算していたり、そもそも計算していなかったりして、後悔したことはありませんか?
お金に関する後悔もあるかもしれません。

この春、お子さんを大学へ進学させた保護者の方がおっしゃっていました。 「もう少し早く貯めはじめていれば」と。お子さんが乳幼児期の頃から、たくさんの習い事にお金をかけ続けた結果、大学入学時には家計が疲弊していたとのこと。
子どもというのは希望に満ち溢れています。お金をかけてもかけてもかけ足りない気がするかもしれません。
しかし、習い事にかかる費用は青天井。教育費にかかる全体のバランスを見極めないと、後で後悔することになりかねません。

一般的に最も教育費が多くかかるのが大学時です。大学入学時になってから焦らないで済むように、早めに意識を変えましょう。

見積もりが甘くなるのはどうして?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/3b6fd8843bebd6c8dbda1bc175470fc291f7b63e.71.2.14.2.jpg画像を拡大する子どもの夢を聴く

時間やお金などを前もって計算することを「見積もり」と言い、その見積もりが甘くなると、時間やお金が足りなくなるということが起こります。

では、人はどうして見積もりを甘くしてしまうのでしょう?

人は明日の自分につい期待してしまいます。今日の自分より、明日の自分の方が意志が強いと思ってしまうのです。
そして、「明日からダイエットしよう」とか、「明日から貯金しよう」と、物事を先延ばしにしてしまいます。

明日の自分に期待するのではなく、今日の自分ができることからはじめてみませんか?
たとえば……
・子どもと将来の夢を話し合う。
・子どもと習い事について話し合う。
・教育費にいくらぐらいかかるか調べてみる。
このようなことで、教育費に対する意識改革が起こり、家族の貯金に対するモチベーションが上がることもあります。副次的には、子どもの勉強に対するモチベーションも上がるかもしれません。

未来にツケを回さないような見積もりを。

  • mixiチェック
記事を書いた人萩原 有紀はぎはらFPラボ 代表

<FP-RECOご当地FP®:奈良県>
元ナースFP。お金の病気(お金にまつわる様々なトラブル)を防ぐため、お金メンテナンスのお手伝いをしています。また、お金の病気に負けない基礎体力作りは子どものうちから始めるべきだと考え、主に小さいお子さんをお持ちのパパママや親子向けに講座やイベントを多数開催しています。
HP:お金教育研究家@はぎはらゆきのブログ
google+:萩原 有紀

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ