保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 知って得する!?「児童手当」

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

知って得する!?「児童手当」

2017/04/26
この記事に含まれるキーワード

子ども1人に月5,000~15,000円

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/7e8fc66aae7da60291c3ec29423a7c20b0165d5e.31.2.14.2.jpg画像を拡大する児童手当は子どもの未来の資金

子育て世帯の家計をサポートしてくれるのが「児童手当」。給付されるのは中学卒業までで、最初に財源の話をするなら、国が3分の2、地方(都道府県や市町村)が3分の1を出して給付しているものです。一部は企業も負担しています(3歳未満で所得制限にひっかからない分の15分の7)。

児童手当でもらえる額は、3歳未満は月15,000円で、3歳以上から小学校に上がるまでの第1子・第2子は月10,000円、同じく3歳以上から小学校に上がるまででも第3子以降は月15,000円です。中学生は一律月10,000円です。

なお、所得制限も導入されており、例えば、児童手当の対象になる子どもが3人いて妻は扶養でない世帯の場合で、年収限度額は960万円(所得限度額736万円)となっています。この場合、特例給付として一律月5,000円の給付になります。

手続きは早めに、毎年の書類も忘れずに!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/699310d9133849f44491709b13db531d040f5856.31.2.14.2.jpg画像を拡大するやりたいことができるように大事な資金になります

児童手当で大事なことは、子どもが誕生したらすぐに手続きをすることです。なぜなら、手続きをしないともらえないからです。手続きは、原則、誕生後15日以内ですが、手続きの締切は月末のため、月末が近いときはがんばって早く済ませてしまいましょう。月をまたぐと1ヶ月分がもらえません。

別の市区外から引越した場合も手続きが必要で、これを忘れるともらえませんので注意しましょう。やはり転入後15日以内の手続きが必要です。

そして大事なのは、毎年6月ごろに出す現況届。これを出さないともらえませんので、やはり忘れずに出しましょう。

手当が支給されるのは、2、6、10月の年3回。前月までの4カ月分が受取れます。例えば6歳、4歳、2歳の子がいたら、月35,000円×4カ月分でなんと14万円もの大金が口座に入るのです。焼き肉を食べたい気持ちをぐっとこらえて、子どもの教育資金としてキープできるかどうかが、子どもの未来に関わります。

子ども名義の通帳に移し替える、ジュニアNISAの口座に入れるなどで、他のお金と分けて管理することが大事ですよ!

  • mixiチェック
記事を書いた人豊田 眞弓FPラウンジ 代表 ファイナンシャルプランナー

「永続可能な家計を実現して、今日も未来もハッピーに」がモットー。個人相談や実行支援、セミナー、マネーコラム、記事監修等を通じて、皆さんの人生の舞台裏を支えます。
HP:FPラウンジ
google+:豊田 眞弓

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ