保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 保険金の受取人がいない!保険金はどこへ?

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

保険金の受取人がいない!保険金はどこへ?

2017/04/26
この記事に含まれるキーワード

生命保険の死亡保険金受取人に指定できるのは誰?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/8fa206e403f14ecdbc3cf8e5e6b2d351928f5b49.42.2.14.2.jpg画像を拡大する受取人を誰にしますか?

兄弟姉妹がいない人、ずっと独身を貫くという人でも、生命保険(死亡保険)に入ることはあるでしょう。このようなケースでは、保険金の受取人を親にしています。しかし、親が亡くなってしまったら受取人は誰にすれば良いのでしょうか?

保険会社は、基本的には保険金の受取人を戸籍上の配偶者または被保険者の2親等以内の血族の範囲と定めています。ちなみに2親等以内の血族とは、祖父母、兄弟姉妹、子、孫で自分と血のつながりがある人を指します。養子縁組をした場合は法的な親子関係にある法定血族とされ、2親等以内の血族とみなされます。
つまり、これらの範囲の中から保険金の受取人を指定するのです。

しかし、この範囲に誰もいない場合は保険会社に相談の上、第三者にすることも可能な場合もあります。
ただし、第三者が保険を受け取る際に必要な死亡診断書や戸籍などの書類を揃えられるのかどうかも考えなくてはなりません。
また、保険会社によってはこの範囲に指定できる人がいないと、解約を促すところもあります。

受取人が死亡していたら?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/daaba66292495036262afefbd1c23fbb609712c9.42.2.14.2.jpg画像を拡大する誰が受け取るの?

もしかすると、保険金が支払われる際に受取人が死亡していることがあるかもしれません。本来は受取人が死亡した時点で受取人変更手続きをしなくてはならないのですが、ついうっかりという事もあります。
その時、保険金はどこにいくのでしょうか?答えは受取人の法定相続人です。法定相続人は配偶者、親、子、兄弟姉妹、甥、姪になります。
しかし、受取人の法定相続人がいない場合は、保険会社が裁判所に申し立てをして「相続財産管理人」を選定してもらいます。そして、亡くなった人の財産を整理し残った財産が国庫に帰属されるという事です。 つまり、せっかく支払っていた保険が、最後には国へということもあり得ます。

このようなことがないよう、生命保険加入の際は最後誰が保険を受け取れるのかという保険の出口の事まで考えましょう。
場合によっては生命保険加入の必要がないという事があるかもしれませんね。

  • mixiチェック
記事を書いた人廣木 智代HAPPY LIFEPLAN CFP®

<FP-RECOご当地FP®:栃木>
心と体とお金の健康バランスをコンセプトに相談、セミナー、執筆を実施中。地元栃木を中心にお金に賢くなるお手伝いを様々な面からサポートしています。
HP:HAPPY LIFEPLAN

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ