現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > モノを持つと失うものってなーんだ?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

モノを持つと失うものってなーんだ?

2017/05/08
この記事に含まれるキーワード

モノと持つことは豊かなこと?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/688b1af9d41dfbde2c6becb5d62263f898d74ef5.71.2.14.2.jpg画像を拡大する車を買うときは維持費もチェックして

自分のモノとして持つことを「所有」と言い、所有したいという欲求のことを「所有欲」と言います。
1960年頃、カラーテレビ、クーラー、車(カー)を個人で所有することが豊かなこととされた時代(いわゆる3C時代)と比べ、私たちの所有欲は格段に減退しました。物質的な豊かさを追い求める時代は終わったのです。

所有しているモノは、好きなときに好きなだけ好きなように使うことができ、処分も自由です。
一方で、所有することで、その分の空間や時間(手間)、お金がかかります。
たとえば、年に数回しか使わないようなアウトドアグッズ。
テントやバーベキューセットなどはけっこう場所をとります。また、長く快適に使うためにはメンテナンスも必要でしょう。処分するときには処分費用もかかるかもしれません。

あるモノを所有しようとする際には、その使用頻度や維持費などを想像し、所有によって失う空間や時間、お金についても考えてみましょう。

所有から共有へ

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/0ed05b43b92d4e5987150527adf384e17feab7d6.71.2.14.2.jpg画像を拡大するシェアできる豊かさ

筆者に子どもが生まれ、ベビーバス(赤ちゃんのお風呂)を買おうとしたとき、ふと、実家の倉庫で長年無駄にスペースを使っていたベビーバスを思い出しました。
ベビーバスを使うのはせいぜい2か月。結局、ベビーバスをはじめ、大半のベビーグッズは身内のモノを使わせてもらいました。
使い終わったら、また次に必要な身内に回すという身内間共有です。

近くに身内がいない場合でも、インターネットを通じて共有することも可能です。
インターネットを通じてモノやスペース、サービスを共有する経済活動を「シェアリングエコノミー」といい、近年、急速な広がりを見せています。
個人間でシェアするケースもあれば、企業が貸し出すケースもあります。
ある企業の料金を例に挙げると、ベビーバスを1か月借りて1,000円、バーベキューセットを2日間借りて5,000円。

モノ以外にも、空間や、家事や子育てまでもシェアの対象になるところが現代の価値観ですね。

  • mixiチェック
記事を書いた人萩原 有紀はぎはらFPラボ 代表

<FP-RECOご当地FP®:奈良県>
元ナースFP。お金の病気(お金にまつわる様々なトラブル)を防ぐため、お金メンテナンスのお手伝いをしています。また、お金の病気に負けない基礎体力作りは子どものうちから始めるべきだと考え、主に小さいお子さんをお持ちのパパママや親子向けに講座やイベントを多数開催しています。
HP:お金教育研究家@はぎはらゆきのブログ
google+:萩原 有紀

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ