現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > ウォーキングで健康とポイントの二重取り!?

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

ウォーキングで健康とポイントの二重取り!?

2017/04/27
この記事に含まれるキーワード

健康づくりでポイントをもらえる自治体が!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/04d9ccfc0146796b737283764760f1ec1876014e.77.2.14.2.jpg画像を拡大する歩いてポイントゲット!

あまり話題にはなりませんが、一部の自治体では「健康ポイント」や「健康マイレージ」という、ちょっと得する制度を用意しています。

ウォーキングや健診などでポイントが貯まり、商品券や景品になどに交換できるというものです。例えば、関東の自治体での取り組みを見てみると……。

【よこはまウォーキングポイント】
無料で歩数計が配布され、歩数に応じてポイントが貯まる。ポイントは市内の店舗にあるリーダーで記録し、3か月毎に200ポイント以上達成すると自動抽選で商品券が当たる。

【さいたま市健康マイレージ】
通信機能付き活動量計またはスマホアプリで記録した歩数や、健康診断などの受診回数に応じてポイントが貯まる。貯まったポイントは年に一度、景品などに交換できる。

【ならしの健康マイレージ】
健診や行事の参加で「イベントポイント」が、ウォーキングなど自分で決めた目標達成に応じて「セルフポイント」が貯まり、3か月以内に各50ポイント以上貯まると、市内外で特典を受けられるカードがもらえる。

健康意識の向上による医療費抑制が目的

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/492dd7013b5c2a9fba96d3f78d43f934a833084c.77.2.14.2.jpg画像を拡大する医療費を抑えたいのは自治体も個人も同じ

自治体がポイントを付与して、市民の健康づくりに取り組む背景には、「医療費抑制」という大きな目的があるからです。健康意識を高めて医療費が抑えられれば、自治体の財政は安定するでしょう。

市民にとっても、健康であれば診療代や薬代を減らすことができ、民間の医療保険に入る必要性も低くなるかもしれません。健康維持は、家計にとっても嬉しい効果がありますね。

健康ポイントは、すべての自治体で実施しているわけではありませんが、同様の取り組みは増えつつあります。健康づくりでポイントゲットに興味がある人は、自治体の広報やホームページをマメにチェックしてみましょう。

健康づくりは、ちょっとした普段の心がけでも可能です。クルマを使わずに歩く、積極的に家事をする、エスカレーターを使わずに階段を使うなど、簡単のできることはたくさんありますね。できることから始めてみましょう!

◎参考サイト
神奈川県横浜市「よこはまウォーキングポイント
埼玉県さいたま市「さいたま市健康マイレージ
千葉県習志野市「ならしの健康マイレージ

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ