現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > 新入社員のための“給与明細のみかた”

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

新入社員のための“給与明細のみかた”

2017/05/08
この記事に含まれるキーワード

思っていたより支給額が少ない!?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/e2b29f6b03f3f1d6eb035bbd5c47f8a546f782b1.77.2.14.2.jpg画像を拡大する実際に振り込まれるのは手取金額

4月から就職した新社会人のみなさんは、初めての給与が支給されていることでしょう。給料日にもらった給与明細を見て、支給額が思っていたより少なく「あれっ!」と思った人いませんか?

実はこれ、「額面金額」と「手取金額」の違いによるものです。額面金額とは、基本給に各種の手当を加えた額。手取金額とは、額面金額から税金や社会保険料などを差し引いた(天引きともいいます)額で、この額が実際に銀行口座に振り込まれます。

つまり、初任給25万円で入社したとしても、実際には25万円まるまる支給されるわけではないのです。とはいえ、天引きされて納める税金・社会保険料は、国民としての義務ですし、医療や年金など社会保障を受けるためには大切なものです。

こうした天引きされるものを含め、給与明細にはいろいろな項目が記載されていますので、その内容については最低限おさえておきたいですね。

給与明細にはどんなことが記載されている?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/51eb10782269a58ed00290d8afbcaedf2ff143ba.77.2.14.2.jpg画像を拡大する明細は必ず毎月確認しよう!

給与明細に記載されている内容は、大きく「勤怠」「支給」「控除」の3つの項目に分かれます。

【勤怠】
出勤・欠勤(有給休暇など)日数や、残業時間などが記載されています。
【支給】
基本給の他に、会社によって各種の手当があります。代表的な手当としては、残業手当・通勤手当・住宅手当などがあります。
【控除】
控除の項目には、先述の税金(所得税・住民税)や社会保険料(健康保険・厚生年金・雇用保険)の他に、労働組合があれば組合費、財形制度を利用していればその積立額も記載されています。

なお、所得税は、年末に1年間の総所得が確定した段階で再計算するため、天引きされた税金の一部が年末に戻ってくることもあります(年末調整といいます)。また、住民税は、その年の分は翌年6月から天引きされますので、1年目は記載がありません。

給与明細で手取額を確認することは、お金の使い方や貯蓄など、自分の家計を組み立てる上でも大切です。面倒がらずに支給されたら毎月必ず目を通す習慣を持ちましょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ