現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > 副業で家計を改善

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

副業で家計を改善

2017/06/14
この記事に含まれるキーワード

節約と副業は家計改善の両輪

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/3d1d82d14cd2a0fe06efd05261c6a30d7ab81f14.26.2.14.2.jpg画像を拡大する出るお金と入るお金、どちらも見直しが必要です

家計の収支を今すぐ改善しようと思った時に、まず最初に節約をしようとする人が多いのではないでしょうか。
住宅費・通信費・保険料などの固定費の削減で日々の生活に無理がかからない節約は良いですが、食材の質や量を一気に減らしたり、家族のレジャーをやめてしまうような過度な支出の削減は、ストレスがたまるなど長続きしない可能性があるので、あまりおすすめできません。

出ていくお金を減らすことができない場合は、入ってくるお金を増やすしかありません。
入ってくるお金を増やす方法は、

1.働いて収入を増やす
2.当面使う予定がないお金を運用して増やす

などがあります。

会社員の場合は、副業をすることが考えられますが、まだまだ副業禁止の会社が多いようです。
専業主婦(主夫)の場合は、パートタイマーとして働いたり、再就職・職場復帰などで入ってくるお金を増やすことができます。
また、外に働きに出ることが難しい場合は、自宅で開業をする方法もあります。

自宅開業は難しい・・・?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/09ca788ec9df519d0f352782781263206a946192.26.2.14.2.jpg画像を拡大する自宅開業は家計を長期で支えることができます

「開業」というとハードルが高く感じるかもしれませんが、好きな時に、好きなことを仕事にできるのがメリットです。
手先が器用なら作品をネットで販売したり、文章を書くのが得意なら執筆をするなど、趣味や特技を仕事にできるかもしれません。

ただ気を付けなければいけないのは、お金の出入りをキチンと記録しなければならない点です。
売り上げた金額、かかった経費、残った利益、これらを帳簿につけて確定申告しなければなりません。
例外として、売上から経費を引いた金額が、会社員なら20万円、専業主婦(主夫)なら38万円を超えない場合は確定申告が不要となります。

多くの収入を得るためには仕事にかける時間が増えるかもしれません。
しかし、月2~3万円の収入が目標なら、時間が自由で趣味や特技を活かした自宅開業も選択肢の一つとなります。
金額自体はそれほど大きくはありませんが、定年のない働き方は長期で家計改善の役に立つことでしょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ