現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 自分のスキルもシェアリングエコノミー!

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

自分のスキルもシェアリングエコノミー!

2017/06/14
この記事に含まれるキーワード

スキルを“シェア”する

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/9b8c32f6eadd5bd387aabcfe7f233fca7b14436f.77.2.14.2.jpg画像を拡大する自分のスキルをシェアすることも

個人が持っている遊休資産の貸出しを仲介する「シェアリングエコノミー」が広がっています。平たく言えば、使っていないモノの貸し借りを仲介してもらうことです。空いている部屋を、旅行者などの宿泊施設として有料で提供する「民泊」などは、代表的なものですね。

一般的にシェアと言うと「モノ」をシェアするというイメージがあるかもしれませんが、シェアするのは“モノ”だけとは限りません。やる気があれば誰もがシェアできるのが、自分自身の「時間やスキル」です。

例えば、主婦が子育てをしながら空いた時間に料理を教えたり、会社員の人でも副業がOKなら、原稿執筆やwebデザインを請け負うなどはスキルのシェアといえるでしょう。

このような働き方は、多くの場合インターネット経由で受注することから「クラウドワーカー」などと呼ばれ、依頼者と受注者を仲介するサイトもあります。自分が経験してきたことや得意な分野の仕事を請け負って、収入にできる環境は整いつつあります。

あなたにもシェアするスキルはきっとある!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/1e12053d0019285352844060d398a1988548842d.77.2.14.2.jpg画像を拡大するあなたがシェアできるスキルは?

スキルをシェアした働き方に定年はありませんから、健康でやる気があれば長く続けられる可能性は十分あります。

もしかすると、これからの超高齢社会には必須とのものいえるかもしれません。老後資金の不安など経済的な部分はもちろんですが、社会との接点が生きがいにもつながるからです。

足元の生活を考えれば、スキルのシェアで収入を増やすよりも支出を減らして家計を改善しようと考えるかもしれません。とはいえ、支出を減らすのも限界がありますし、ムリな節約生活を続けては、長生きしても楽しくないですよね。

定年を迎えたら悠々自適の生活……のシナリオは、もはや過去のものになりつつあります。定年後もスキルを活かして社会と関わり、少しでも収入を得れば年金の上乗せになり、交流の幅も広がり、いきいきとした生活が実現しそうです。

定年後も活躍できるスキルというと「資格を取って……」と考えるかもしれませんが、大げさなものでなくてもいいのです。自分自身の趣味を深掘りすれば、いずれ他人に役立つスキルになるかもしれませんよ。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ