現在地
トップ > 楽天の保険ニュース&リサーチ > 高齢な親のために子どもがやるべき消費者トラブル回避法

楽天の保険ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

高齢な親のために子どもがやるべき消費者トラブル回避法

2017/07/28
この記事に含まれるキーワード

高齢者の3つの不安が狙われる!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/b95f2a75b19b1d7e1480a84a623beeb657e1c34c.83.2.14.2.png画像を拡大する一人暮らしの高齢者は増加の一途です

もしも別居している親が、消費者トラブルに遭っていたらどうしますか?実はこうしたトラブルは、わりと身近なところで起こっており、誰にも相談できずに泣き寝入りしている一人暮らしの高齢者は予想以上に多いようです。

高齢になるにつれて、お金や健康、一人暮らしの孤独という3つの不安を持つ人が多くなるのは仕方がないことなのかもしれません。消費生活センターのホームページには、これらの不安を悪用した消費者トラブルが増加していることやその事例などを記載して注意喚起を行っています。

内閣府が発表している平成28年版高齢社会白書を見ると、右の図のように一人暮らし世帯が年々増えていることがわかります。 たとえ別居している家族がいたとしても、同居していなければ親がトラブルに遭って困っているということには気がつきにくいものです。

よくある高齢者の消費者トラブルのケースは
・自宅に電話がかかってくる
・訪問を受ける
・販売される
といった一連の流れが多いようです。

深刻な事態を未然に防ごう

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/a635590569decbe10a8ee43b59d272d930b00638.83.2.14.2.jpg画像を拡大する大事にならないためにコミュニケーションが必要ですね

たとえば、自宅に眠っている不要なものや使わなくなった貴金属等を引き取るといったものは、少しでもお金に換えられたら嬉しいという気持ちにさせられます。
ぐっすり眠れるという健康布団や腰や膝の痛みが治るという健康器具といったものは、健康に不安があると欲しくなってしまいます。

実際、消費トラブルに遭うと
・家族に内緒にして泣き寝入りする
・自分でどうにかしようと思っても解決できない
といったことになりがちです。

特に年金と預貯金の取り崩しで生活している高齢者が経済的な被害を受けると、大きな心身のダメージを受け、立ち直ることが難しくなってきます。

高齢の親がいる人にとっては、他人事ではありません。
・日頃から連絡を取り合う
・万が一、消費者トラブルに巻き込まれた時は、まずは気持ちを受け止める
・クーリングオフ等の対処を代行する
といったことで、深刻な事態を避けることができるのかもしれませんね。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 あきこRelieve~リリーヴFP事務所 代表

<FP-RECOご当地FP®:長崎県>
マネーカウンセラーとして心とお金の相談を中心に、セミナー、ワーク形式の講座を開催しています。今もこれからも、お金の悩みに振り回されたくない人たちへ、安心サポート実施中!
執筆ブログ:お金にふりまわされない!マネー美人になる5つの処方箋
google+:小川 あきこ

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ