現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 信じられるのは自分だけ 生涯現役で働くの巻

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

信じられるのは自分だけ 生涯現役で働くの巻

2017/09/28
この記事に含まれるキーワード

建設的な思考に切り替る

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/9a035ce5330664b63c6d37d82f5c20fd1167ff0a.43.2.14.2.jpg画像を拡大する心配したらきりがない。

将来のお金のことを心配させる情報に惑わされたりすることはありませんか?
様々な心配事を何かで補っておくと、少し不安が払拭されて安心して暮らせるという人もいるかもしれません。

結婚を機に、ライフプランとマネープランのご相談に来られる人が多いですが、最近の傾向は顕著です。
起きるかどうかわからないことのために保険に入るよりも、いつでも必要なときには、使えるお金として運用したり、自分のスキルアップに使いたいと考える人が増えています。

起きてほしくないことが起きたらどうしようかとばかり考え、保険に入ったり、運用をしたりすればそれで万全かというとそうではないですね。
その心配事が起きないようにするにはどうしたらよいかを考えた方が建設的です。

では、何をしたらいいのでしょうか。

運用ではなく運動

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/c0b80a69da5c4b5041c1a76da853035e6c15a9a0.43.2.14.2.jpg画像を拡大する健康維持+労働 ⇒ 生涯現役

相談現場での一コマ。
「将来、長生きしてお金に困るのは嫌です。そうならないようにするにはどうしたらいいでしょうね。」
という問いかけに対して、働き続けることですと即答すると、
その人の表情は和らぎ 「安心しました!運用を勧められると思いました」と。

収入が徐々に減少したとしても、収入が継続することで生涯の収支状況は大分改善されます。
運用もひとつの手段ですが、運用はそれ自体が不確実なもの。 それをしたからといって、将来の安心が確実に手に入るとは限りません。
働き続けて、労働によって生活に困らない程度の収入を得ることが一番確実な方法です。

ただ、働き続けるには、健康な状態を保たなければなりません。病気にならないよう、最期まで自分の足であるけるよう運動をすることが最も大切です。

それに気づくのは、加齢を感じたり、病気をしてからなど後になってからという人が少なくないので、早めの意識づけが必要です。

将来の不安を払拭するのは、保険や運用ではなく日々の‘運動’と‘労働’です。

‘人生に意味を与える唯一のものは労働’だとアインシュタインも言っています。

  • mixiチェック
記事を書いた人村松 祐子FPコスモス 代表  CFP®/1級FP技能士

<FP-RECOご当地FP®:神奈川県>
資産運用、経済・市場調査の経験を踏まえ、ひとり一人に合ったライフ&マネープランの設計を心掛けています。「わかる」を「できる」に導く資産づくりのサポート役として活動中。
ホームページ:FPコスモス

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ