現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 持病がある人の医療保険選択は?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

持病がある人の医療保険選択は?

2017/10/30
この記事に含まれるキーワード

医療保険を考えるなら一般的なものから考えよう

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/ec0db59a4a5fe0cc3c2732530cf6f7e650899688.42.2.14.2.jpg画像を拡大する持病があっても保険に加入できるの?

私の年齢が上がってきたせいか、周りを見ると何らかの持病を持った人が増えてきたような気がします。
そして、医療保険に加入しようとしたけど、持病を理由に加入を断わられたという人も意外と多いのです。

持病があると医療費が心配で、なおさら医療保険の必要性を感じ、CMで耳にする持病のある人方でも加入できる「引受基準緩和型の医療保険」を求めてくる人も増えてきました。
この保険は、一般的な医療保険に比べて保険料が高く設定されています。なおかつ、当初1年間は保険金が半分しか出ないというところがほとんどです。 加入できるのであれば、一般的な医療保険の方がベターです。

1社の保険会社で加入を断られたとしても、他社では条件付き保障や、割増し保険料で保険加入を引き受けてくれることもあります。
さらに、診査次第では条件なしで通常通りの引き受けになったケースもあります。

加入できないこともある引受基準緩和型の医療保険

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/1aea0df2fb3f787b620a17b370cfca0b887babda.42.2.14.2.jpg画像を拡大するどんな保険がいいのだろう?

しかし、明らかに一般的な医療保険では加入が難しい人もいます。
重大な病気の経験者はなかなか医療保険に加入することは難しく、どうしても引受基準緩和型の医療保険を選択せざるを得ない場合もあります。

持病があっても加入できるというCMのフレーズを聞くと誰でも加入できると思いがちですが、残念ながらこの保険はある一定の基準をクリアしないと加入できないのです。

3か月以内に医師から入院・手術を勧められていないという基準は各社共通のようですが、他の基準は各社まちまちです。
例えば、2年以内に入院・手術・放射線治療を受けていなければ持病に関係なく加入できるなど、基準が緩いところもあります。
一方で、過去5年以内にがんや心臓病、脳の病気などの治療を受けていると加入できないというように、少々基準が厳しいところもあります。

このように誰でも加入できるというわけではないのです。
ただし、概ねどんな病気でも、治療や検査から5年以上経っていれば加入できるところが多いようです。
ところが、治療や検査から5年以上経っているとなると、一般的な医療保険の加入ができる事もあります。
持病のある人の医療保険の選択には告知などの手間は多少かかりますが、ひと手間かけてでも一般的な医療保険から検討することをお勧めします。

  • mixiチェック
記事を書いた人廣木 智代HAPPY LIFEPLAN CFP®

<FP-RECOご当地FP®:栃木>
心と体とお金の健康バランスをコンセプトに相談、セミナー、執筆を実施中。地元栃木を中心にお金に賢くなるお手伝いを様々な面からサポートしています。 HP:HAPPY LIFEPLAN

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ