現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 潜在的なニーズを掘り起こす仕組みがある企業に注目してみよう

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

潜在的なニーズを掘り起こす仕組みがある企業に注目してみよう

2017/11/30
この記事に含まれるキーワード

ユーザー目線でニーズを掘り起こす

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/f4de27c370392dcdebf380af38345e5e18533b24.90.2.14.2.png画像を拡大する潜在ニーズを掘り起こした企業の事例。

「こんなものが欲しかった」と消費者に思わせる商品を開発することができれば、企業は成長します。そういった商品を開発するために必要なものはユーザー目線です。今回は、ユーザー目線を持ち潜在的なニーズを満たす企業への投資について考えてみたいと思います。

まず、ユーザー目線を持って商品・サービスを開発している企業の例をいくつか挙げてみましょう右の図を確認してください。

これらの企業は、ユーザー目線で商品開発を行うことで、これまで市場に存在しなかった商品・サービスを展開しています。そうすることで、消費者が潜在的に持っていたニーズを満たすことに成功しています。

潜在的なニーズを見つける仕組み

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/113d74f03500a12fdcfe758e22eb5c99483c77e1.90.2.14.2.png画像を拡大する仕組みの内容と株価の推移。

潜在的なニーズを満たす商品があっても、継続的に次の商品を開発し続けなければ成長が止まってしまいます。潜在的なニーズを見つける仕組みを持っていることが、成長を持続させるポイントになっています。例に挙げた企業は、仕組みを持つことで成長を続けています。右の図に仕組みの概要をまとめました。

消費者が「こんなものが欲しかった」と思うような商品は、ほとんどの場合はニーズが明確になっていません。そのため、市場調査を行っても商品開発が上手くいく訳ではありません。狙って消費者の潜在的なニーズを満たすためには、消費者がまだ気が付いていないニーズを掘り起こす仕組みを持つ必要があります。

今のように、高品質で多種多様な商品が存在する社会では、消費者の潜在的なニーズを満たす商品を提供することが求められます。ヒット商品が企業の収益を牽引しているようなら、今後のヒット商品を作り出す仕組みを持っているか企業のHPなどで調べてみましょう。もし、良い仕組みを持っていれば、今後もさらなる株価の上昇が期待できます。投資対象として検討するのもいいかもしれません。

  • mixiチェック
記事を書いた人中島 隆FPアバンダンス FPアバンダンス代表取締役

証券会社の営業を経て、お客様にとっての真の豊かさとは何かを追求するため、FPと投資助言の会社を設立。未来に成長を続ける企業を見出して、株式投資を成功させる「未来投資塾」。豊かなお金持ちの考え方を重視して、投資信託での資産運用の成功法を学ぶ「未来資産塾」を運営している。
HPリンク:http://mirai-toushi.com

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ