現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > セカンドライフの準備はお早めに

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

セカンドライフの準備はお早めに

2017/11/30
この記事に含まれるキーワード

人生90年の時代?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/a69097dadb9ba8bc84071b3077535653a5743509.66.2.14.2.jpg画像を拡大する平均余命

厚生労働省の調査により、日本人男性の平均寿命が初めて80歳を超えたのは平成25年でした。平均寿命は皆さんもよくご存知だと思いますが、平均余命という言葉を聞いたことはありますか?平均寿命は0歳の平均余命のこと、つまり、今年生まれた子どもが平均で何年生きるか表したものです。簡易生命表には、0歳だけでなく年齢ごとの平均余命が公表されています。今回のテーマはセカンドライフですから、60歳・70歳・80歳の平均余命を抜粋して表にしてみました。

男性を例にしてみると、平均寿命は81歳に近づいていますが、60歳を迎えた男性の平均余命は84歳近くです。70歳を迎えると86歳近く、そして80歳を迎えるとほぼ89歳になるんですね。こうなると、女性はもちろん男性も、日本人は「人生90年」と考えておく時代なのかもしれません。ひと昔前なら、完全リタイアで満額の年金支給が始まった60歳から、まだまだ30年もあるということですね。

第二の人生をどう過ごすのか

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/4805f221a667fc7adaa8ae50640b190f4115292a.66.2.14.2.jpg画像を拡大するアクティブシニア

よく、「老後に必要な貯蓄額は?」という問いかけを目にします。人生90年時代を迎え、蓄えがいくら必要かという考え方もありますが、いくら使いたいのか?という考え方も大切ではないでしょうか。現在のところ、高齢者とは65歳以上を指すようです。しかしながら、アクティブシニアという言葉があるように、一般的には65歳以上の人もとても元気で健康的ですよね。趣味はもちろん、ライフスタイルも多様化しています。どのようなセカンドライフを過ごしたいのか、これまでの人生を振り返りながら将来のこと、じっくりと考えてみたいですよね。

「お金のことは二の次です」とまで言い切りたいところではありますが、長い老後の生活ですから不安も当然あるでしょう。やはり、長期的な家計の裏づけは必要です。老後の長い暮らしについて、希望するライフスタイルを実現するために必要なことです。50歳代になったら退職金の額や、年金受給額はもちろん、どんな暮らしを望むのか家計の支出からも考えておきたいものですね。

  • mixiチェック
記事を書いた人溝本 直人ライフプランラボ 代表 ファイナンシャルプランナー

<FP-RECOご当地FP®:兵庫県>
ライフプランを基本に、「豊かで安心な暮らし」をテーマとして、個人や企業を対象に面談を中心とした個別相談業務を展開する傍ら、各種講演・セミナー等の講師も務める。新婚世帯や子育て世帯、リタイア世代まで幅広い層の相談に対応し、「相談者と同じ目線の専門家」としてわかりやすさにこだわったコンサルティングスタイル。
ホームページ:ライフプランラボ
google+:溝本 直人

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ