現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 「テレワーク時代」住居費を減らす選択肢

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

「テレワーク時代」住居費を減らす選択肢

2017/12/27
この記事に含まれるキーワード

テレワーク導入 通勤圏に住む意味がなくなる?!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/5d3c32c249b2f767c873180d57efc03033b66a74.53.2.14.2.jpg画像を拡大する「自宅で仕事、週に1日の出社」がスタンダードになるかも

テレワークとは、「会社から離れた場所で働く」という働き方。近年は、優秀な社員に育児や介護のために離職をされては大変と、テレワーク制度を取り入れる企業も増えています。

さて、このテレワーク、早い話が在宅勤務。つまり、通勤圏にある割高なマイホームに住む理由はなくなります。たとえ家賃は安くても、狭いアパートだとしたら仕事部屋が確保できません。となれば、自然豊かな地方に移り住み、低コストの広い物件に住むなど、これまで考えてもみなかった住まい方が視野に入ってきます。

仮に今、月々10万円の家賃が、3万円になったとしたら? 余裕ができたお金で新しい勉強を始めたり、家族で出かける機会を増やしたりなど、暮しや心にゆとりが生まれるでしょう。それによって生き方や人生も変わるかもしれません。

あくまで「住居費を抑えること」にフォーカスしたご紹介ですが、一度つぎのサイトを覗いてみてください。びっくりな家賃、購入価格に住居費に対する既成概念も吹っ飛ぶでしょう。

「全国版空き家・空き家バンク」です。(リンクは末尾)

破格の「空き家紹介サイト」 住まい方の選択肢を広げる

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/98d7f0642535fae2f76911f2e2c5d2014cd671eb.53.2.14.2.jpg画像を拡大する子育て支援が充実した街で、子ども優先の暮しもあり

全国の空き家を検索できるこのサイトは、国土交通省の推進、民間事業者の協力で今秋スタートしたもの。背景には、この20年で空き家が1.8倍に膨らんだことがあります。

各自治体ごとに同様のサイトはあるのですが、情報はバラバラ。そこで、全国の空き家情報を集約し、賃貸や購入希望者がインターネット上で条件に合う物件を見つけやすくしたのです。

筆者もさっそく検索……(ポチポチ)。なんと、筆者の住む愛知県で「9LDK、家賃1万円」という戸建てを発見。しかも、小中学校も近い。他にも7LDK、広い畑つきで6万円など、どれも破格の賃料です。少々年季の入った物件は多いものの、こういったサイトを見ていると、狭いマンションにせせこましく暮し、家賃やローンが家計の多くを占めるという暮らし方に大いなる疑問符が湧いてきます。

「テレワーク」「空き家バンク」そんなキーワードを胸に、今後の働き方、住まい方を考えてみてはどうでしょうか。人生長し、ゆとりは大切です。

「全国版空き家・空き家バンク」(運用事業者)
  ・株式会社LIFULL
  ・アットホーム株式会社
空き家・空き地等の流通の活性化の推進(国土交通省)

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ