現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 海外旅行で持ち物が盗難に遭ったら?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

海外旅行で持ち物が盗難に遭ったら?

2017/12/27
この記事に含まれるキーワード

海外旅行中のトラブルに備えるには?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/00d52af44bba662a3b3c6940626d6d1e9d7df756.77.2.14.2.jpg画像を拡大する海外旅行はいざというときのための対策も必要です

海外の安全情報を知ることができる「たびレジ」の登録について、前回の記事でご紹介しました。その中で少し触れましたが、旅行中に起きるかもしれないリスクについても備えておきたいもの。

そういったときのための保険が「海外旅行保険」です。自宅を出発してから帰ってくるまでに起こりがちな、旅行中のトラブルを補償してくれます。例えば、渡航先での事故や急病で現地の病院に入院したときの治療費や、他人や他人の物への賠償責任に備える補償などが主な内容です。

その他、海外旅行のトラブルで考えられるのが、すりやひったくりなどの盗難や、持ち物を壊すなどのリスクです。海外旅行保険には、これらのリスクに備える補償として、「携行品損害」(保険会社により名称は異なります)が用意されています。

身の回り品が盗難に遭ったら!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/6dd0f5eb7b01d13eec6489be0b49ea15d1302723.77.2.14.2.jpg画像を拡大する持ち物の盗難には十分気を付けて!

携行品損害では、自分の身の回り品(携行品)や、友人から借りたカメラなどが盗まれたり、壊してしまったときなどにその損害額を補償されます。

身の回り品というのは、鞄や衣類、カメラ、時計、パスポートなどのことで、持ち物1つあたりの補償には上限額(10万円など)があります。補償額については、新品のものを買う金額から経年による消耗分を差し引いた「時価」になることは注意点です。

ただし、現金やクレジットカードなど、補償の対象外になるものもありますので、事前に確認しておきましょう。クレジットカードについては、出発までに盗難時の連絡先や、被害に遭ったときの補償について、自身のカード会社の規定を調べておくと安心ですね。

治安の良し悪しは、渡航先によっても違いますが、比較的治安のよいとい合われる国でも盗難などのリスクはゼロではありません。被害額としては大きな額ではなくても、旅行中の盗難ともなれば、精神的なダメージは小さくないですね。

海外旅行保険に入っていれば、保険会社から補償はもちろん、現地でのトラブル時の相談サポートがつく保険会社もあります。ぜひ万全の備えで海外旅行を楽しんでください!

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ