現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > ありそうでなかった! iDeCoを学べて実践できるアプリ「Shikly」

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

ありそうでなかった! iDeCoを学べて実践できるアプリ「Shikly」

2018/01/29
この記事に含まれるキーワード

新感覚!メッセージのやりとりのように展開していくアプリ

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/235da3f188b12db7659af2b1551683b854e30ad4.43.2.14.2.jpg画像を拡大するWEBサイト

iDeCo(イデコ)という言葉がテレビや雑誌などで目にするようになってから、かれこれ1年ほどになるものの「あれは一体何のこと?」と思っている読者はいないだろうか。

少し興味をもったことのある読者なら「個人型確定拠出年金の愛称のことで、老後のお金を自分で作るお得な制度」のような話を聞いたことがあるかもしれない。しかし、実際には「??」になっている人が多いのが現実だ。今回は、そんな「??」になっている読者にこそ読んでいただきたい。ありそうでなかったと思える「iDeCoを知る」アプリが登場したのだ。それが「Shikly」である。制作は、投資情報で有名なQUICKだ。

パッと見は「メッセージアプリ」のような慣れ親しんだ画面が登場し、普通に思えるものだが、いざ触ってみるとつい会話が進んでしまうという、ユニークな学びアプリである。



iDeCo(確定拠出年金):自分で運用しながら老後資金をつくる年金制度。毎年の掛け金が「所得控除」の対象となり、所得税・住民税が軽減される。

1日3分の会話が毎日をステップさせる

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/8e92f840c9197b42ed60538feff9cf1974d73c26.43.2.14.2.png画像を拡大するメッセージで会話するように学んでいく

操作はいたって簡単だ。1日3分ほどのメッセージをやりとりするだけである。といっても、返答をいちいち考える必要はなく、表示された「返答」の中から「自分の答え」となる言葉を選んでいくだけである。これだけで気がつけば会話が進んでいき、知らず知らずのうちに知識が身についていくというものだ。その他の機能として「3日坊主防止機能」というのもある。うっかり学び忘れても3日目にトレーナーが励ましてくれる。

(まとめ)
これほどシンプルにiDeCoや資産運用の知識が身につくアプリは、これまでに例がなかった。なによりメッセージのやりとりという、慣れ親しんだ方法で学習できるのは、寝転びながらもやってしまいそうだ。これまで幾度となく挫折をしている人は、ぜひ試していただきたい。もちろん無料である。


アプリのダウンロード
http://www.quick.co.jp/shikly/index.html

  • mixiチェック
記事を書いた人織田 昌典織田プロダクション 代表 CFP(R)

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
元ミュージシャン。経済の「け」の字も出てこないバックグラウンドから、ITバブルがきっかけで経済に魅了され、2005年よりFPに転身。20~30代を中心としたファイナンシャルプランナー事務所を運営。また最近は、スマートフォンをはじめとする最新トレンドを活用したマネー管理術を研究。セミナーも多数開催。
ホームページ:織田プロダクション
google+:織田 昌典

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ