現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 自社の資源をしっかりと活用している企業を探そう

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

自社の資源をしっかりと活用している企業を探そう

2018/02/28
この記事に含まれるキーワード

経営資源を確認しておこう

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/9c93f486afe261fa869131543f9547784649f895.90.2.14.2.png画像を拡大する自社資産を有効に活用することで成長した企業の例。

企業は色々な経営資源を持っています。ヒト・モノ・カネとよく言いますが、ノウハウや技術なども経営資源になります。新しい施策を行う企業は、自社の経営資源をうまく活用できるかが成功のポイントの1つになります。今回は、経営資源を有効活用して成長する企業への投資のポイントについて考えたいと思います。

まず、経営資源を有効活用して成長している企業の例を挙げてみたいと思います。右の表を見てください。

これらの企業は、自社や系列企業の資源を有効に活用することで、成長しています。こういった企業を探す場合のポイントは、企業を俯瞰して見ることです。

例えば、ヤフーのEコマース革命は、出店料と販売手数料がなくなるので、収益的にはマイナスになるように見えます。Amazonなどに対抗するための苦肉の策に見えてしまいますが、自社のネット検索事業の広告と掛け合わせることで、徐々に広告収入で利益率を上げています。売上自体も上がっているので、施策は成功だったと言えますが、事業間の結びつきを見ていなければ、成長要因であることには気がつかないかもしれません。

有効活用できない企業は成長が鈍化していく

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/8073a1c0347fd27173372a7d0d7d261537742856.90.2.14.2.png画像を拡大する牛丼御三家では吉野家の凋落が顕著。

経営資源を有効活用できない企業は、競合に差をつけられていくことになります。牛丼業界で顕著にその状況が現れているので、確認してみましょう。右の表を見てください。

吉野家HDの成長が他社に比べ鈍化していることがわかります。これは、他社が経営資源を有効活用して事業拡大をしている中、吉野家が自社のノウハウをグループ内で上手く活用できなかったことに起因しています。

企業の成長には経営資源の有効活用がポイントになってきます。そのため、企業が持つ資源を把握し ておくことが大切です。企業が新規事業や施策を行う場合は、他の事業や培ってきたノウハウとの関係性を確認してみましょう。これから企業がやろうとしていることと培ってきたものとの相性がよく、有効活用できそうであれば、投資を検討してもいいかもしれませんね。

  • mixiチェック
記事を書いた人中島 隆FPアバンダンス FPアバンダンス代表取締役

証券会社の営業を経て、お客様にとっての真の豊かさとは何かを追求するため、FPと投資助言の会社を設立。未来に成長を続ける企業を見出して、株式投資を成功させる「未来投資塾」。豊かなお金持ちの考え方を重視して、投資信託での資産運用の成功法を学ぶ「未来資産塾」を運営している。
HPリンク:http://mirai-toushi.com

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ