現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 終活前に知っておきたい「遺言書は手書きじゃないとダメ」な理由

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

終活前に知っておきたい「遺言書は手書きじゃないとダメ」な理由

2018/03/30
この記事に含まれるキーワード

まずは遺言の種類を知ろう

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/afa94e6b6a8300929ef158a7f029741311b4a4a9.21.2.14.2.jpg画像を拡大するまずは遺言の種類を知ろう

「就活」「婚活」「妊活」と、一つの目的に向かって一連の行動を起こすことを「●●活」というのも、だいぶ定着してきました。

「終活」もここ数年でだいぶ聞かれるようになってきた言葉です。

エンディングノートが書店で売られていたり、相続のセミナーが開催されていたりするのも、その流れの一つです。

もしかしたら、終活の一環として、遺言書を作ろうと思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、現在の日本の法律で認められている3種類の遺言について、簡単にまとめました。

●自筆証書遺言
自分で遺言書の文章・氏名・日付を自筆し、押印する。

●公正証書遺言
自分と証人2人で公証役場に行き、本人が遺言内容を口述し、それを公証人が記述する。

●秘密証書遺言
本人が証書に署名・押印してから封筒に入れて封印し、公証役場で証明してもらう。

「遺言書は手書きじゃないとダメ」の本当の理由

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/60f515bcf724be9f2d574d88e47bf9a8ac47e6f3.21.2.14.2.jpg画像を拡大する「遺言書は手書きじゃないとダメ」の本当の理由

このうち公正証書遺言・秘密証書遺言は、パソコンで作成することが許されています。

いずれも公証役場が関わってくる以上、偽造のリスクが低いからです。

一方、自筆証書遺言は必ず自筆、自分でボールペンなどを使って書かなくてはいけません。

公証役場が関わらない以上、偽造される恐れが常にあるためです。

確かに、人にはそれぞれ筆跡があるので、自筆のものを偽造したとしても、見破られないようにするのは難しいでしょう。

よく「遺言書は手書きじゃないとダメだよ」と言われますが、この場合の遺言書とは自筆証書遺言を指していると考えてください。

しかし、病気やケガなどで全文を自分で書くことが難しい人は、自筆証書遺言を使えないのも事実です。

これらの不自由を緩和するために、2018年1月16日に自筆証書遺言に関連する法律の改正案がまとまりました。

内容を簡単にまとめると、
●自筆証書遺言のうち、財産目録についてはパソコンでの作成を認める。
●自筆証書遺言を法務局で保管する制度を設ける。
などが盛り込まれています。

このように自筆証書遺言であっても、より使いやすい方向に制度が変わっていくこと自体は、大変喜ばしいでしょう。

しかし、制度が変わってもそれを活用しなくては、何のメリットも享受できません。

一度、遺言書をどうするかも含め、家族で真剣に話し合ってみるのをお勧めします。

  • mixiチェック
記事を書いた人吉田 一仁有限会社フューチャリング 代表 税理士/ファイナンシャルコーチ®

中小零細企業の経営者が「お金」「時間」を確保し・コントロールし・生み出すことができるようサポートする「お金と時間の最適化パートナー」。
社外CFO(財務幹部)として、経営者の意思決定を正しい方向に導き、お金の心配をしない経営ができるようサポート。
HP:ファイナンシャルコーチ・税理士 吉田一仁
google+:吉田 一仁

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ