現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > オートチャージ機能の便利さと落とし穴

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

オートチャージ機能の便利さと落とし穴

2018/03/30
この記事に含まれるキーワード

メリットは手間がかからない便利さ

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/24ec1d62f38c84ba366ff34f97e1757a06c9a5b5.83.2.14.2.jpg画像を拡大するスマホで簡単チャージも便利な機能です

日常的に地下鉄などの交通機関を利用したり、スーパーなどで買い物したりする人にとって、現金代わりに利用できるICカード乗車券や電子マネーが発達したことで、支払いがとても便利になりました。

少し前までは、残金が少なくなるたびに、機械を使って手動でチャージしていたものです。しかし最近では、オートチャージ機能を持つICカード乗車券や電子マネーが増えてきて、さらに便利な機能が使えるようになりました。

オートチャージ機能とは、ICカード乗車券や電子マネーを使っているうちに残高が少なくなり、設定しておいた一定額を下回った場合に、決済する時などにクレジットカードや金融機関の口座等から自動的に入金(=チャージ)を行う仕組みのことです。

使うためには、最初に自動的に入金するための設定が必要です。自分で決めた金額と支払い方法を登録しておくことで、その都度手動でチャージをしなくて良いのです。

さらに、インターネット上で利用履歴を確認することができます。流通系のカードなら「いつ・何に・いくら使った」かがわかり、交通系のカードなら「いつ・どこからどこまで乗った」という履歴がわかるようになっているのです。

またチャージの金額と回数もわかるので、一見するとお金の使い過ぎが防止できそうな仕組みです

デメリットはお金を使う意識が薄れること

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/c01854b5a0dafd893300264cf958b2267ceab1e9.83.2.14.2.jpg画像を拡大する翌月の支払い明細書の金額を見て驚かないように!

しかしそこには、デメリットが隠れています。それは、手動でチャージするカードに比べて、「チャージした」と思う意識や、「何にいくら支払った」という認識が薄くなりやすいのです。

特に、日頃から浪費癖があったり、支出をコントロールできずお金を使いすぎる人にとっては向かない仕組みです。

たとえカード自体にチャージできる上限の金額が設定されていたとしても、残高が少なくなるたびに自動的にチャージされ続けていると、気がつかないうちにお金を使い過ぎてしまうというリスクがあるからです。

便利なオートチャージ機能だからこそ、上手に使いこなしたいものですね。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 あきこRelieve~リリーヴFP事務所 代表

<FP-RECOご当地FP®:長崎県>
マネーカウンセラーとして心とお金の相談を中心に、セミナー、ワーク形式の講座を開催しています。今もこれからも、お金の悩みに振り回されたくない人たちへ、安心サポート実施中!
執筆ブログ:お金にふりまわされない!マネー美人になる5つの処方箋
google+:小川 あきこ

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ