現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > あなたの口座を守る「あれ」の管理はどうしていますか?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

あなたの口座を守る「あれ」の管理はどうしていますか?

2018/03/30
この記事に含まれるキーワード

不正送金の被害額は10億円以上!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/a2e0a56dedec9fd6b56a24f3f8cb1ab260a6d8d0.77.2.14.2.jpg画像を拡大するセキュリティ対策は万全ですか?

ネット銀行やインターネットバンキングなどの銀行取引は便利な一方で、金融犯罪などのリスクについても考えておく必要があります。

代表的なものが「不正送金」です。第三者が不正に口座へログインして預金を操作し、お金を引き出す犯罪です。ユーザーIDやログインパスワードが見破られたり、フィッシング詐欺やスパイウエアでID・パスワードが盗まれることもあります

警察庁の広報資料によると、平成29年中のインターネットバンキングの不正送金による被害件数は425件、被害額は10億8,100万円でした。

不正送金を防ぐためには、自分自身でのリスク対策が大切になります。不正アクセスされて、お金が引き出されないようにするためのキモは、IDとパスワードの管理です。

どんなパスワードがベスト?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/5b3fbcd2a2c9fb6fc1cd2f88ec2890d9d4323283.77.2.14.2.png画像を拡大するパスワードの決め方にも気を配りましょう

ユーザーIDやログインパスワードは、利用するサイトごとに変更するのがベスト。同じIDやパスワードを使いまわしていると、1つが見破られてしまうと、芋づる式に被害が広がってしまうためです。

総務省の「国民のための情報セキュリティサイト」では、パスワードは他人に推測されにくく、ツールなどで割り出しにくいものにするよう呼びかけています(右図参照)。また、同サイトでは見破られやすい危険なパスワードとして、次のようなものを挙げています。

1.自分や家族の名前、住所など(例:satou、chiba)
2.辞書に載っているような一般的な英単語(例:password)
3.同じ文字の繰り返しやわかりやすい並びの文字列(例:0011、abcd)
4.短すぎる文字列(例:ad、ch)

インターネットバンキングなどで被害にあった場合、ユーザーに過失がなければ全額補償されますが、預金者に過失がある場合については個別対応となります。ネットの場合は、各銀行のセキュリティ対策が一律ではないためです。

被害に遭ったときに過失があると判定されないためにも、自分でできる限りのリスク対策はしておきたいもの。そのためにも、今回紹介したようなパスワード対策は十分にとっておきましょう。

<参考>
総務省「国民のための情報セキュリティサイト

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ