現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 人の車を運転する時の短期加入の自動車保険

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

人の車を運転する時の短期加入の自動車保険

2018/04/25
この記事に含まれるキーワード

短期で加入できる自動車保険とは

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/dab9f4ffe44aee50dd37b96a6cb7d781e7f4a203.83.2.14.2.jpg画像を拡大する必要な日数だけ加入できる自動車保険です

日頃は車を運転しない人でも、大型連休の時などはハンドルを握るという人も多いのではないでしょうか。
例えば、友人や仲間の車でドライブや旅行に出かけたり、実家に帰省して両親の車を借りるなど、自動車免許を持っている人ならば誰にでも有り得ることです。

気になるのは、交通事故が起きた時。その車が自動車保険(任意保険)に加入していたとしても、運転者が補償対象外ならばこの保険は使えないのです。
もちろん、事前に運転者の補償対象の契約内容を変更してもらうと良いのですが、正直面倒臭いものですよね。

そんな時に便利なのが、必要な分だけを24時間から申し込みできる短期の自動車保険です。 1日自動車保険といったような名称で、最近では取り扱う損害保険会社も増えてきました。

弁護士費用特約などのオプションは各社で違いがあるものの、対人賠償保険と対物賠償保険が無制限になっているのは、通常の自動車保険と同じです。

補償内容の注意点

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/914b63114a026b48b3b3de715a62d828979202c6.83.2.14.2.jpg画像を拡大する事故への備えは必要ですね。

保険料は1日あたり500円からというのが一般的で、追加するオプションによって金額が変わります。
パソコンやスマートフォンからの事前のネット予約や、コンビニのマルチコピー機を使って簡単に申し込むことができるようになっています。申し込みと同時にコンビニのレジで保険料を支払うことができるのでとても便利です。

このように便利なサービスですが、気をつけておきたい点もあります。それは、この自動車保険の補償範囲が、他者の車を借りる時だけと限定されているところです。 つまり、本人またはその配偶者が所有する車は対象外になっているのです。
車検証の名義を問わず、実態上所有している場合も契約の対象外となっている点にも注意が必要です。
さらに、レンタカーやカーシェアリングも補償の対象外となっています。

この1日自動車保険は、あくまでも他者の車を一時的に運転する時に使う保険です。どんな時に補償されないのかを把握した上で、便利に使いたいものですね。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 あきこRelieve~リリーヴFP事務所 代表

<FP-RECOご当地FP®:長崎県>
マネーカウンセラーとして心とお金の相談を中心に、セミナー、ワーク形式の講座を開催しています。今もこれからも、お金の悩みに振り回されたくない人たちへ、安心サポート実施中!
執筆ブログ:お金にふりまわされない!マネー美人になる5つの処方箋
google+:小川 あきこ

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ