現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 相続・・・苦労する戸籍探し

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

相続・・・苦労する戸籍探し

2018/04/25
この記事に含まれるキーワード

相続時必須!戸籍のすべて

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/912b1c4024af8128be540ce283f31fb5081aacef.42.2.14.2.jpg画像を拡大するあなたの家族、全部知っていますか?

親が亡くなり、財産を相続する際の手続きには、親の出生から死亡時までの戸籍(戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本など)が必要になってきます。
戸籍謄本は、現在の戸籍を証明するもの、除籍謄本は戸籍から抜けたことを証明するもの、改製原戸籍謄本は法改正前のものです。
出生から死亡時までの謄本により、死亡した人の相続人の特定をします。

しかし、戸籍は以下のように何度か変更されている可能性があり、手続きにはその全てを準備する必要があります。
① 昭和33年の新戸籍法による戸籍の改製
② 結婚による新戸籍作成
③ 転居による本籍地の変更
④ 平成6年のコンピューター化による戸籍の改製
⑤ 転居はしていないが本籍地を変更した
戸籍は死亡時から出生時に向けてたどっていきます。

親が亡くなった時点での戸籍謄本に「○○市から転籍」と記載があれば、その○○市の戸籍担当に連絡して、必要な謄本を郵便などで取り寄せます。その謄本を見てさらに「□□市から転籍」と記載があれば、さらに□□市の戸籍担当に連絡して謄本を取り寄せます。これを親の出生時の戸籍にたどり着くまで繰り返すということになります。
転居が多かったりすると、出生までの戸籍にたどり着くまで時間もお金もかかることになります。

子供がいないと戸籍探しはさらに苦労

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/daaba66292495036262afefbd1c23fbb609712c9.42.2.14.2.jpg画像を拡大する探すのが大変です

子供のいない兄弟姉妹の相続をする場合、兄弟姉妹の謄本に加えて、親の出生からの謄本が必要になります。この場合、親の相続の時の記録を残しておくとスムーズにいきます。

また、子供のいないおじやおばの相続をする場合は、おじやおばの謄本に加えて、祖父母の出生からの謄本が必要になります。つまり、明治時代までさかのぼらなくてはならないこともあるのです。
こうなると、戸籍を証明するための謄本の準備は面倒で、場合によっては気の遠くなる作業です。

しかし、自分が相続をする人に転籍の記憶を確認しながら準備すれば、直接本籍のあった自治体から謄本を取り寄せられるので時間の短縮になります。
祖父母のことも、少なくともあなたよりは知っているはずです。

過去の戸籍の履歴である除籍謄本や、改製原戸籍謄本には有効期限がありませんので早めにとっておいてもそのまま相続時に使用できます。
相続手続きをスムーズに進めるために謄本の準備、始めてみませんか?

  • mixiチェック
記事を書いた人廣木 智代HAPPY LIFEPLAN CFP®

<FP-RECOご当地FP®:栃木>
心と体とお金の健康バランスをコンセプトに相談、セミナー、執筆を実施中。地元栃木を中心にお金に賢くなるお手伝いを様々な面からサポートしています。
HP:HAPPY LIFEPLAN

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ