現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 今春、子どもが社会人になりました

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

今春、子どもが社会人になりました

2018/04/27
この記事に含まれるキーワード

生命保険の見直し?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/21b9f84aa23e35020bac6a0fbd0ca5abf7ede9c9.66.2.14.2.jpg画像を拡大する初々しい新社会人を見かける季節

筆者も、2人目の子どもがこの春から社会人となりました。これで教育費の負担からも解放されて、ホッと一息といったところです。さて、このタイミングで生命保険の見直しを考えたほうがいいのでしょうか。一般的に、遺族保障には万一時の教育費も含まれますから、子どもの教育費が不要になったタイミングでは保障額を少なくすることが合理的な場合もあるでしょう。

最近では、遺族保障について収入保障保険で備えている人が多いと思います。収入保障保険であれば保障額は逓減しますから、見直しをする優先順位はそれほど高くないかもしれませんね。ただし、60歳以降の働き方についての選択肢が増えてきていることも考慮してみてはいかがでしょう。60歳で完全リタイアなのか、65歳まで継続雇用なのか、それとも新しい仕事を始めるのか……。自身や家族のライフプラン・キャリアプランと一緒に考えてみる必要がありそうです。

まだまだ人生の折り返し地点

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/e8b0edacf19a0a644bd3738b7d5cd68224b5b29e.66.2.14.2.jpg画像を拡大するやはり健康第一

さて、医療保険についてはどうでしょうか。ここ数年、医療保険については各保険会社の商品設計も大きく変わってきています。長い間、医療保険の契約をしたままの人は、やはり一度、新しい商品への見直しを検討してみるのもいいかもしれませんね。また、当然のことですが、生命保険も医療保険も、新たに契約するには健康状態についての告知が必要です。60歳近くになると、健康診断結果に指摘項目がある人も増えてきますし、入院や手術などの経験がある人もいるでしょう。そうしたことも踏まえて、子どもが社会人になる時期、生命保険の見直しについても一度は考えてみるタイミングと言えそうです。

いざというときのために、生命保険や医療保険で備えておくことはもちろんですが、90歳、いや、人生100歳の時代と考えると、まだまだ現役時代に匹敵するほど長い老後を迎えます。保険のお世話にならないよう、食事や適度な運動、そしてストレスを溜めないよう、日々の暮らしを充実させる準備も大切になりそうですね。

  • mixiチェック
記事を書いた人溝本 直人ライフプランラボ 代表 ファイナンシャルプランナー

<FP-RECOご当地FP®:兵庫県>
ライフプランを基本に、「豊かで安心な暮らし」をテーマとして、個人や企業を対象に面談を中心とした個別相談業務を展開する傍ら、各種講演・セミナー等の講師も務める。新婚世帯や子育て世帯、リタイア世代まで幅広い層の相談に対応し、「相談者と同じ目線の専門家」としてわかりやすさにこだわったコンサルティングスタイル。
ホームページ:ライフプランラボ
google+:溝本 直人

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ