現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > “お金の減らない財布”を持って気がついたこと

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

身近なキャッシュレス決済「電子マネー」

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/2d59799bbfc92116a9449785be4da2c7bbb6ca36.77.2.14.2.jpg画像を拡大するオートチャージは便利である反面……

スマホを買い替えたのをきっかけに、財布から現金やカードを出す機会が減りました。その理由は「スマホ決済」。スマホに登録した電子マネーやクレジットカードで、支払いができるためです。

筆者は主に、交通機関を利用するときや、旅行や出張で荷物が多くて鞄から財布を出すのが面倒なときなどに、少額の買い物用としてスマホに登録した電子マネーを使っています。列車の出発時間が迫っていると冷や汗ものですが、一瞬で支払いが済んで助かったこともしばしば。

電子マネーには「オートチャージ」があります。残額があらかじめ決めた金額を下回ると、事前に設定した一定額が登録したクレジットカードなどから自動で入金される機能です。特に電車に乗るときは、残額不足から改札で足止めされる心配がなくなるので重宝します。

いいことたくさんの電子マネーのオートチャージですが、使い始めて間もなくあることに気がつきました。

電子マネー、便利さの裏側にあるものは?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/c59096628cec7246e4e95be8967ea0f431e3fc46.77.2.14.2.jpg画像を拡大する一定額以下になると入金されるので、使った感が薄くなりがちに

それは、「お金が減っていく感覚が薄くなる」こと。残額が減れば入金されるので、使ってもお金が減らない“魔法の財布”を持ったような気分です。便利な半面、「そろそろ残額がないから買い物を控えよう」という気持ちになりにくいですね。

電子マネーはプリペイド方式といって、事前に入金した額の範囲で利用すれば、使いすぎを防ぐ効果があります。オートチャージにすると、入金の限度額はあるもののクレジットカード入金のため、後払い方式になって結果的に手持ち以上に使えてしまうことに。

そこで、オートチャージの電子マネーは交通機関を使うときだけにしました。電車やバスなら、よほどのマニアでない限り必要があって乗るわけで、むだな支出でありません。電子マネーを買い物に使うなら、その都度チャージする別の電子マネーを用意するのが賢い使い方です。

クレジットカードは使わなくても電子マネーを使う人は多いでしょう。電子マネーに限りませんが、キャッシュレスで使える便利さの反面に、注意すべき点はないかどうかを意識しながら利用することも大切ですね。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ