保険代理店の楽天インシュアランスプランニング㈱が運営する保険の比較検討サイトです。楽天保険グループの保険商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

現在地
トップ > 楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ > 孤独な老後を生きるリスク

楽天保険の総合窓口ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

孤独な老後を生きるリスク

2018/05/24
この記事に含まれるキーワード

ひとりで死ぬのはどんな気持ち?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/93a397fac44c062165403d8641e2289d69c3b8ce.80.2.14.2.png画像を拡大するひとりブランコの孤独

ホットに想像してみてください。いつかやってくる自分の最期のことを……
最期に意識があるとして、家族や知人が誰も側にいない状態で「ひとりで死ぬ」としたら、どう思うでしょうか?

死亡する場所が在宅であって、死後に発見された「孤独死」は年間約3万人と言われています。年間130万人の死亡者のうち、在宅で死亡するのは約17万人(13%)。そのうち約3万人が孤独死していると推定されています。さらに、病院、介護施設で家族や知人に見守られずに死ぬ人は相当な数に上ると思われます。そんなことは、どうでもいいと思っている人もいるでしょう。しかし、その人は最期だけでなく、老後の「孤独」のリスクを理解していないかもしれません。

幸せな人生を帳消しにする老後の孤独

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/a0426fc972fb3d5e98dcb7761f46a004de24ede7.80.2.14.2.png画像を拡大する自ら積極的に人とつながる!

社会的な動物と言われる人間が最も嫌うのが「孤独」です。仲間はずれにされる、存在を無視されるのが最もつらい(精神的苦痛)ものです。常態的に孤独な人は幸福ではありえません。

人が孤独を嫌う理由はいくつもありますが、最も影響が大きいのは、人は心の秩序を内部からだけで統制することはとても困難であり、外部への目標、外部からのフィードバックが心の安定に不可欠であるという点であるようです。

したがって、孤独や疎外は老後だけでなく、いつでも回避しなければならない心理的状態と言えます。しかしながら、自らが弱って誰かにすがりたい老後に誰が一緒にいてくれるかが、一生の幸福感を左右すると言っても過言ではないでしょう。高齢期の孤独は、それ以前の人生がどんなに幸せであったとしても、それを帳消しにしてしまう程の恐ろしい力を持っているのです。寂しい老後を過ごすのは人生における大きなリスクだと言えます。

老後の孤独に備える"保険"は、人と繋がることです。年齢にかかわらず、未婚の人は結婚し、子がいるのであればつながりを深め、配偶者も子もいなければ、友人とのつながりを大切にすることです。 ひとりでも大丈夫な気がしているのは「自分」の老後を「他人」事にしているからです。老後はすぐやって来ます。備えるのであれば、今でしょう!

  • mixiチェック
記事を書いた人齋藤 真衡株式会社 回(Kai) 代表取締役

自分がものごとを選択して決定できない状態、いわゆる意思能力の喪失に対する備えは、 人生の後半生に不可欠な”もう一つの保険”と言えます。いつかは必ずやってく る死と認知症をはじめとする生前における意思能力の喪失への備えを ”Happy Ending カード”を起点に提供していきます。
ホームページ:株式会社 回

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天保険の総合窓口に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ