現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 貯金体質になるためのスリーステップ

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

貯金体質になるためのスリーステップ

2018/05/30
この記事に含まれるキーワード

家計の運転方法を学ぶ

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/c9f40679de545e3b50a9f226775c3d8e91cdd0a1.12.2.14.2.jpg画像を拡大する家計管理を学ぶことも大事です

先日、運転免許証の更新に行ってきました。私はペーパードライバーのため、ゴールド免許更新講習は30分で終了しました。

車を運転するためには、教習所で交通規則を学び、運転練習をして、運転免許を取得しなければなりません。

社会人になったとたんに車を与えられて、交通ルールも運転も自己流で車を乗り回すようなシステムでは危険すぎて困ってしまいます。

事故が起こらないように祈るしかありません。

こんな状態が実際に存在している分野があります。
それは「家計管理」です。

生涯賃金(大卒男子・退職金含む)約3億円という大金を一生涯かけてコントロールしていくスキルが必要であるのに、ほぼ全員が自己流でなんとなく行っています。

そのため、家計でいう事故である、赤字、キャッシングなどの借入、破産などを引き起こしています。
貯金ができないという悩みがなかなか解消できないのは家計の運転法を学んで練習していないからです。

スリーステップで貯金家計へ

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/7024e85a743cdeb441aabe8fca96e8159da56004.12.2.14.2.jpg画像を拡大する練習して上手な家計管理方を身につけましょう

三つのSで家計運転法をマスターしましょう。

S:知る
S:すぐやる
S:習慣化するまでやる

まず、家計管理に関する正しい知識を身に付けましょう。
小手先の節約法ではなく、収入の範囲でお金を将来のための貯金と今の生活支出に割り振る方法です。

知ったら、次は実際にやってみることです。
ほとんどの人が「知る」で、ストップしてしまいます。

しかし、先の車の運転例に当てはめると、「運転の仕方を聞いた」で、止まってしまうということです。実際に車のエンジンをかけて動かしてみることが大事ですよね。知っているという状態から、出来るに変えていくには、やってみるしかありません。

さらに、月一回運転する人と毎日運転する人とでは、運転スキルは大きく差がついてきます。家計も同じです。動作が習慣化するまで正しい方法で繰り返し行うことが大事なのです。

そして、出来るという状態から、やっているに変える。
この三段階を踏んで貯める家計に変えていきましょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人大木 美子おおきFP事務所 代表

<FP-RECOご当地FP®:東京都>
家族の笑顔を守る家計管理をモットーに、もっぱら家計の改善をメインに活動している家計簿歴28年の家計簿FPです。お金の悩みは吐き出すことが難しいため、家計を預かる多くの女性の家計のお悩み支援を行っています。
HP:年収600万円以上世帯の家計管理
google+:大木 美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ