現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 株価が急落!!原因は?そんな時はどうすればいいの?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

株価が急落!!原因は?そんな時はどうすればいいの?

2018/05/30
この記事に含まれるキーワード

炎上すると消費者に嫌われる

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/99c34aefed3c7eed4a73afb6031807883f6ceb04.90.2.14.2.jpg画像を拡大するSNSで企業が炎上することも増えてきました。

株価急落の原因として最近よく挙げられるのが、ネットやSNSで、企業に批判が集まる「炎上」です。最近でも、キリンが「午後の紅茶」のPRキャンペーンで炎上をするなど、炎上は頻繁に起きています。もし、自分が投資している企業が炎上した場合、どうすればいいのでしょうか?

ネットで炎上しただけでは、業績に影響はないのでは? と思う方も多いかもしれません。実は、炎上は消費者の行動に影響を与えています。SNS運用支援を手掛けるホットリンクの調査によると、一般消費者の中で、炎上した企業の商品やサービスを「利用しよう・買おうと思わない」方は40%という結果が出ています。

つまり、炎上することは企業にとって大きなリスクなのです。冒頭に挙げたキリンの炎上の場合、すぐに謝罪をし、今のところ目立った影響は見当たりません。しかし、Googleで「キリン」と検索すると1ページ目に炎上関連の記事が表示され、イメージ悪化に繋がっています。(2018/5/17時点)

炎上すると株価は下がる?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/ce2afacc8a82052f44deeee587019b6a24d84200.90.2.14.2.png画像を拡大する炎上した企業の例。

では、炎上することは株価に影響を与えるのでしょうか。大きな炎上を経験した企業の例を挙げてみました。右の表を見てください。

どちらの企業も炎上後、株価が下がっています。しかし、その後の明暗がはっきり分かれています。その理由は、炎上後の対応。ブロンコビリーは問題のあった店舗の閉店を発表するなど、迅速で消費者が納得できる対応をとりました。反対にピーシーデポは、謝罪はしたものの、炎上のきっかけになった契約内容の変更はせず、消費者が納得できるような対応はしていません。結果、ブロンコビリーの株価は上昇、ピーシーデポは炎上前の株価に戻っていません。

炎上はいつ、どんな理由で起こるのか予測することはできません。炎上した場合はなぜ炎上したのか、どんな対応をしているのかは確認しておきましょう。その対応が消費者の納得いくもので、炎上がすぐに終息すれば問題はありません。しかし、表面的な謝罪など、納得できない対応であれば、炎上は長期化。信用の回復に時間がかかり、株価も低迷します。投資している企業が炎上した場合、企業の対応次第では整理を検討する必要があるかもしれませんね。

  • mixiチェック
記事を書いた人中島 隆FPアバンダンス AFP

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
FPアバンダンスは、投資助言業を通してお客様ひとりひとりの「心地よさ」を尊重し、 「真の豊かさ」を発見していく会社です。 ファイナンシャルプランニングを交えたヒアリングによって、 お客様の全体性とライフスタイルも踏まえて、 最適な投資プランをご提案しております。 会社HP:http://fp-abundance.com
google+:中島 隆

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ