現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > その備え、あなたのお役に立ちますか?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

その備え、あなたのお役に立ちますか?

2012/08/27
この記事に含まれるキーワード

メンテナンス、していますか?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/5044f5bad45c1fc35ff2d77d7c8222e74d3df88d.26.2.14.2.jpg画像を拡大する備えた後のメンテナンスも重要です

災害はいつどこで発生するかわからず、自宅や勤務先などで防災用品を準備しているケースも多いと思います。
しかし準備をしたことに満足してしまい、その後どこかにしまいっぱなしになっていませんか?
定期的に置き場所や使用・賞味期限の確認をしていますか?
いざというときに使用できなければ準備をしていないのと同じです。
9月1日は防災の日です。
せめて一年に一度、防災の日に忘れずに点検をしたいところです。

また、普段忘れがちなメンテナンスの一つに保険があります。
ご加入後、届いた証券をそのまま大事にしまっているケースが多いのではないでしょうか?
保険も防災用品と同じで、メンテナンスをしておかないと、いざというときに思ったような補償を得られないことがあります。

火災保険のチェック項目

保険は、一度加入してしまうと滅多に内容を見ないという方も多いですが、時にはチェックも必要です。
以下に、災害時に役立つ火災保険の代表的なチェック項目を挙げてみました。

  ・地震保険
火災保険に付けることができる地震保険ですが、きちんと継続していますか?
火災保険を35年契約で一括払いにしていたとしても、地震保険は5年ずつ更新しなければなりません。
更新するのを忘れてそのまま失効し、火災保険だけ続いているというケースも散見されます。

  ・家財保険
火災保険に加入すると建物への補償はされますが、別途、家財にも保険を掛けないと補償されない場合があります。
家財にも補償を付けておくことで、落雷でパソコンが壊れた場合などにも保険金が受け取れます。
また、地震保険も同じように別途、家財にも保険を掛けないと建物は補償されても家財が補償されない場合があります。
地震保険にも家財の補償をつけることで、地震でテレビが倒れて壊れたときなど、一定以上の損害があった場合に損害の程度に応じて保険金を受け取ることができます。
補償の付け方によって保険金が受け取れるケースとそうでないケースがありますので、火災保険・地震保険共に建物にだけ補償を付けたいのか、家財にも補償を付けたいのか事前に決めておかなければなりません。

  ・補償の範囲
ここ最近、洪水・竜巻・落雷などの自然災害のニュースをよく目にしますが、これらの災害が発生した場合に、加入中の火災保険で補償されるかどうかも事前のチェックが必要です。
保険料を減らすために水災特約を外したところ、床上浸水の被害が発生したときに保険金を受け取れなかったという例もあります。

保険に加入したときは安心だと思っていても、災害のニュースを見て不安になることもあります。
時には内容を点検することで、自分にとって必要な補償に気が付くこともあります。
大切なのは保険に「入る」ということではなく、自分自身に合った補償を「選ぶ」ということです。
自分自身で「選ぶ」ことが難しい場合は、専門家に相談して必要とする補償を用意してください。

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ