現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 法人保険の活用

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

法人保険の活用

2018/06/29
この記事に含まれるキーワード

法人保険を活用するメリット

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/df2fca549dc4599d6decd93fff25c5b477f7caf0.21.2.14.2.jpg画像を拡大する法人保険を活用するメリットは?

「会社(法人)で保険に入ると、節税効果がある」とよく言われています。

確かにその通りなのですが、どんなメリット・デメリットがあるかも併せて覚えておきましょう。

まず、メリットから説明します。

最大のメリットは、経費(損金)を増やし、利益を圧縮できることです。

法人保険の場合は、商品の種類にもよりますが、保険料の全額または2分の1を損金に算入できます。

仮に、年間1,000万円の保険料を支払ったとしたら、1,000万円か500万円を損金に計上できるのです。

また、法人保険は「お金が戻ってくる」というメリットからも捉えることができます。

つまり、法人保険の場合、天災や経営者の死亡・就労不能状態など「万が一」の場合は、保険金という形でお金が戻ってきます。

理由を考えると手放しで喜べないかもしれませんが、「万が一」の場合にまとまった資金が入ってくることで、精神的余裕も生まれるでしょう。

2つのデメリット

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/731485cc54e96544c22eea80eeedc85024f7f1f4.21.2.14.2.jpg画像を拡大する「どのくらいの保険料なら払えるか」

一方、デメリットもあります。

まず、法人保険で節税ができるといっても、実際は「税金の繰り延べ」にすぎないということです。

満期になって保険を解約して解約返戻金を受け取った場合、これは「雑収入」として計上されます。

「雑収入」は益金として扱われるので、その分税金も増えてしまうのです。

本当に節税目的で法人保険を使うなら、「解約返戻金をどう使うか」まで考えた方が賢明でしょう。

また、まとまったお金を一度に支払ったり、長年にわたって払い続けたりすることになるため、キャッシュフローに影響が及びます。

将来的に人員を増員したり、設備の拡充を考えたりしている場合、キャッシュがない状態が続くのは好ましくありません。

キャッシュフローの状態を事前に確認し、「どのくらいの保険料なら払えるか」を検討したうえで取り掛かるのをおすすめします。

  • mixiチェック
記事を書いた人吉田 一仁有限会社フューチャリング 代表 税理士/ファイナンシャルコーチ®

中小零細企業の経営者が「お金」「時間」を確保し・コントロールし・生み出すことができるようサポートする「お金と時間の最適化パートナー」。
社外CFO(財務幹部)として、経営者の意思決定を正しい方向に導き、お金の心配をしない経営ができるようサポート。
HP:ファイナンシャルコーチ・税理士 吉田一仁
google+:吉田 一仁

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ