現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 財産を築くための極意

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

財産を築くための極意

2018/09/03
この記事に含まれるキーワード

先人に学ぶ 節約術と投資ルール

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/5b16428987750bc98970e2601f405a45a55adc4e.43.2.14.2.jpg画像を拡大する次世代を生き抜くには、今までの常識は常識ではない

“これから10年は、人類史上、前例のない激変期になる”と言われている昨今、
まだ「資産運用」だの「株式投資が一番好き」だのと言っている自分が、時代遅れではないかと考えることがあります。

財産というと、お金、土地・家、家財、金品宝飾品など経済的な価値があるもの。
しかし、その経済的価値もこれから激変する一つとなり得ると考えると、
運用を考えるよりも、 自分で稼ぐ力をいくつも持っておく方がよっぽど確実ではないでしょうか。

独自の節約術と株式投資で一財産を築いたことで知られる日本の投資家・本多静六氏。
すでに66年も前に亡くなっていますが、
現代でも通用する貯蓄法と投資ルールを実践したとして参考にする人が多いです。
しかし、更に10年後はどうなのでしょうか。

10年後も通用することは何か

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/0253850f68d9f06c90a69f0ec5359603603fb517.43.2.14.2.jpg画像を拡大する育てるのは、お金?自分?

給与口座から予め貯める金額を給与天引き、または自動振替により貯蓄しているという人は多いでしょう。
本多静六氏も、給与所得の4分の1を貯めるお金として分けておき、初めから4分の3で生活をやりくりする習慣を徹底させたといいます。
4分の1分、生活レベルを切り下げて暮らしたということです。
さらに、貯めたお金を、「2割利食い、10割益半分手放し」という独自ルールに基づき、株式投資をして財産を築いていきます。

買った値段より2割利益が出たら、それ以上は欲を出さずに、売却することで利益を確定していきます。
また、長期投資により買った値段より、倍以上に増えた資産は、半分を売却してしまいます。
投資した元のお金は回収し預金へ、残したお金は利益です。
その後、株価が上昇すれば利益が増えますし、反対に、暴落しても損はないということになります。

このようにして、大きな損をしないルールを徹底させたことが勝因だったのでしょう。

ただ、4分の1の生活切り下げは、かなり厳しい暮らしだったようです。

そうまでして激変する将来のためにお金を切り詰めますか?
自分で稼ぐ力磨きに投資した方が、
倍以上に暮らしを豊かにし、それこそが財産になるのではないでしょうか。

  • mixiチェック
記事を書いた人村松 祐子FPコスモス 代表  CFP®/1級FP技能士

<FP-RECOご当地FP®:神奈川県>
資産運用、経済・市場調査の経験を踏まえ、ひとり一人に合ったライフ&マネープランの設計を心掛けています。「わかる」を「できる」に導く資産づくりのサポート役として活動中。
ホームページ:FPコスモス

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ