現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 袋分け予算管理派にピッタリ!目的別口座のススメ

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

袋分け予算管理派にピッタリ!目的別口座のススメ

2018/09/03
この記事に含まれるキーワード

◆目的別口座で「使えるお金」と「貯蓄」を分けてスッキリ!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/caa2829bdc9f5b435790d03f6b78c08e5af56a50.82.2.14.2.jpg画像を拡大する通帳が増えて家計管理しにくいと感じたら、目的別口座がオススメ♪

銀行口座を複数持ち用途別に使い分けると、生活費と貯蓄の切り分けができて便利だと以前書きました(※)。ただ、複数の金融機関に出向き口座開設する時間も必要ですし、銀行間の資金移動のためATMまで出向くのが億劫だと感じる人もいるかもしれません。

ネット銀行など一部の金融機関ですが、代表となる預金口座とは別に目的別口座(目的別貯金箱と呼んでいる機関もあります)を作ることができます。忙しくてなかなかATMに行けない人はもちろんのこと、袋分け予算で家計管理をしている人にもオススメです。

給与口座に指定できれば、「収入が入る」→「目的別口座に資金を振り分ける」だけです。1金融機関でお金の流れが完結するのでシンプルですね。

給与口座が会社指定で動かせないときは、給与口座は生活口座としてそのまま維持し、目的別口座を設定した金融機関のほうは貯蓄用にすれば「使う」「貯める」が分かれ、家計管理しやすいでしょう。

◆目的別口座の使い方と注意点

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/6f8f3a57681636c318a269bddc7bcec2258d0826.82.2.14.2.jpg画像を拡大する使う時期や目的別に口座を設定すると、貯めやすい!

目的別口座は、使う時期や目的毎に設定すればよいでしょう。たとえば住宅ローン繰り上げ返済用資金や教育費の積立用、車検費用や年払いに必要な資金のため…といった感じで袋分け予算管理に近い考え方です。

目的が決まれば「いつまでに」「いくら」貯めたいかが見えてきます。目標額が定まれば毎月の積立ペースも計算できますよね。お金に本来“色”はありませんが、○○用口座と名付けることはとても重要です。

目的別口座で注意すべき点もあります。
金融機関によって目的別口座の機能は異なりますが、引き出しや預け入れは代表口座を経由しなくてはなりません。また、自動引き落としなど決済口座としては指定できないので、たとえ繰り上げ返済用口座にお金を貯めていても、必要な時期になったら住宅ローン返済用口座に資金移動しなければ使えません。

目的別口座は貯めている間の管理はしやすいのですが、資金移動を忘れずにできる人向けと言えるでしょう。


※参考記事「生活の家計管理の手はじめは、銀行口座を分けるところから。」

  • mixiチェック
記事を書いた人海老原 政子エムプランニング 代表 二級FP技能士/AFP

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
国内生保の生命保険募集人の経験から、ライフプランの重要性に目覚めFP資格を取し、FP業務を開始。都内・千葉県にてセミナーや家計相談、執筆を行う。子育て中の主婦の目線を活かした、わかりやすい保険や住宅購入、家計改善アドバイスを提供する。
HP:エムプランニング
google+:海老原 政子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ