現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 心・体・お金、豊かに過ごすために「予防」の意識が大切

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

心・体・お金、豊かに過ごすために「予防」の意識が大切

2018/10/09
この記事に含まれるキーワード

“そもそも”病気になりたくないのでは!?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/bb2d24916d2b8d90e2ffecaa7679e1eaf056e0d7.30.2.14.2.jpg画像を拡大する保険商品は種類が多く、どれを選んでいいのか迷ってしまいます

日々の仕事の中で、筆者は保険についての相談もよく受けます。

その中で、医療保険について三大疾病(がん・脳卒中・心筋梗塞)や生活習慣病(がん・糖尿病・心臓病・脳卒中・高血圧性疾患・腎疾患・肝疾患など)に関する特約に加入した方が良いか、と聞かれることが多くあります(※1)。

また、最近では「認知症」に対する保険商品も出てきました。

さまざまな商品が出てくると万一の備えとして便利なように感じますが、あまりにもいろいろな種類のものがあると、何に加入すれば良いか悩んでしまいます。

心配なもの全てに加入するに越したことはないですが、その分保険料がかさみ、経済的な側面から見ると、目の前の生活が苦しくなるなど、本末転倒なこともありますね。

そして、本来の心配事は「病気にかかった後の費用」以前のことで、「“そもそも”病気にかかりたくない」ということではないでしょうか。

保険加入を考える前に、“そもそも”を考えてみましょう。

※1:特約の内容や対象の疾患については、保険会社により異なります。

病気はさまざまなものが影響し合う場合があります

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/6a2af04e1e6f5d9e4248b61bc3844adf2413d9c7.30.2.14.2.jpg画像を拡大する一度きりの人生、元気で長生きするための「予防」を意識してみませんか

前述した生活習慣病の中で、例えば糖尿病については、予備軍まで入れると、日本国の5人に1人がかかる病気とのこと。

糖尿病自体には目立った症状がありませんが、治療をせずに5~10年経つと、網膜症・腎症・神経障害、そして心筋梗塞や脳卒中など、合併症を起こす可能性が非常に高いとのこと。

また、認知症については、65歳以上の7人に1人がなると言われていますが、アルツハイマー病など、脳が萎縮することだけでなく、脳卒中など脳の病気が原因になることもあります。

こうして見てみると、糖尿病→脳の病気→認知症といった具合に、さまざまな病気がお互いに関係しあっていることがお分かりかと思います。

やはり、さまざまな疾患の引き金になるような病気にならないようバランスの良い食事や運動、喫煙を控える、ストレスを貯めないなど、日頃からの予防が重要だということになります。

その結果、元気に過ごすことができれば、保険料や医療費などの支出の削減だけでなく、心の健康にも繋がりますね。

  • mixiチェック
記事を書いた人藤本 ひろみ藤本ひろみファイナンシャルオフィス 代表

<FP-RECOご当地FP®:山口県>
個人や企業の家計・財務改善コンサルティングを中心に、セミナーや執筆活動を行っています。一人一人が「せめてお金のことで心配をしない人生」を過ごせるよう、お手伝いをさせていただきます!
ホームページ:藤本ひろみファイナンシャルオフィス
google+:藤本 ひろみ

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ