現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > わたしの投資戦略

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

わたしの投資戦略

2018/09/26
この記事に含まれるキーワード

共に生きていきたい会社を探す

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/82a64fab0d9f72e0752e053f99b81d1b57c99345.43.2.14.2.jpg画像を拡大する安定して利益が伸びていることから、配当も増やす方向に。

学習机に向かうことよりもピアノに向かうことが多かった息子の部屋には、今もYAMAHAの電子ピアノが置かれ、大切に扱われている様子がわかります。

様々な楽器で世界トップクラスのシェアを誇る総合楽器メーカー。
特に、ピアノは、国際的なコンクールで使用されるほど高品質で知られています。
楽器というと、ひとつの楽器に専業するメーカーが多い中、高級ピアノから一般向けの電子ピアノ、管弦楽器など幅広い楽器を製造している点が、この会社の強みでしょう。

1887年にオルガンの製造に成功した山葉寅楠氏が創業した老舗企業
1900年には、アップライトピアノの製造が始まり、1954年にはヤマハ音楽教室が展開されブランドが確立されていきました。(※1)

しかし、この楽器事業、人口が減っていく日本での今後の展望はどうなのでしょうか。

選ばれる理由 音には力がある

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/f723c6d4c48ad193a35197c388beed666a7969c5.43.2.14.2.jpg画像を拡大する新興国は、楽器を演奏する文化が広がり始めている

言葉が通じない環境に放り込まれても、ピアノが弾けることで友達ができたり、
上手く気持ちのコントロールができなくても、ピアノに向かうことで気分転換になったりと、
楽器(音)には助けられることがたくさんあります。

この先の将来も、楽器(音)を進化させ、音、表現力、弾き心地をさらに追及していき、新次元へ革新を続けるという戦略を、YAMAHAは示しています。

人口減少により市場規模が縮小することは避けられず、国内の売上は減少しています。
その一方で、海外では国内と同様の楽器の製造、販売、音楽教室の事業を展開し、そのシェアを伸ばしています。
世界の楽器市場での売上高シェアは24%、
成熟国では23%、中国26%、新興国30%(2016年3月期 会社見込み※2)となっています。

・成熟国:家庭で楽しむ新たな楽器の提案を。
・中国:地方都市への販売網の拡大により、さらなるピアノ市場のシェア向上を。
・新興国:公立小学校での楽器学習指導プログラムを提供するなど、音楽教室・教育の拡大を。

このような楽器の本質追及と新価値の提供が、ブランド力をさらに強化するのでしょう。

(※1)1955年にはヤマハ発動機を設立。
(※2)ヤマハグループ新中期経営計画 2016年4月~2019年3月より

  • mixiチェック
記事を書いた人村松 祐子FPコスモス 代表  CFP®/1級FP技能士

<FP-RECOご当地FP®:神奈川県>
資産運用、経済・市場調査の経験を踏まえ、ひとり一人に合ったライフ&マネープランの設計を心掛けています。「わかる」を「できる」に導く資産づくりのサポート役として活動中。
ホームページ:FPコスモス

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ