現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 火災保険が使える「こんなとき、あんなとき」

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

火災保険が使える「こんなとき、あんなとき」

2018/10/09
この記事に含まれるキーワード

●火災保険の中身をチェックしておこう

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/ff98f120229b1d6f72f99f5b3ad76d7d6b2fcf7a.53.2.14.2.png画像を拡大する「火災保険」より「火災・自然災害保険」のがわかりやすいですね。

先般、日本列島を通過した大型台風21号、そして24号。筆者も、家が壊れそうなほどの風雨に、ずいぶん怖い思いをしました。各地の被害を知るたびに心も痛みます。

もしも、台風などで家に被害を受けた場合には、火災保険から修理費用が支払われることをご存知でしょうか。周知されてきたとはいえ、「知らなかった」という方も少なくありません。そこで、火災以外に補償されるケースを確認していきます。

〈落雷〉
落雷によって建物が損傷した。
(注)よくあるパソコンの故障などについては「家財保険」に加入していることが必要
〈風災〉
台風や竜巻の突風で、窓ガラスや屋根、カーポートなどが損傷した。
〈水災〉
台風やゲリラ豪雨などによる浸水や土砂崩れで、建物が損傷した。

多くの保険会社では、落雷・風災は基本の補償ですが、水災についてはご自身で補償をつけている場合のみが対象です。幸いに被害がなかった人も、このタイミングに、わが家の補償内容を確認してみてください。

後半は、請求するうえでの注意点です。

●被害の現状は写真に残す 悪質業者にも注意して!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/2131369a8d83d6da4cee4d6cc8179dd3370d230f.53.2.14.2.png画像を拡大する保険が使えるとはいえ、修理費用が高すぎないか必ずチェックを!

ガラスが割れたり、瓦が飛んだときなどは、一刻も早い応急処置が必要です。でも、「処置をする前に」、必ず被害部分の写真を撮っておいてください。元の被害状況があいまいだと、請求がスムーズできないからです。撮影は、スマホのカメラで十分、動画などもあれば完璧です。

落ち着いたところで、すぐに加入中の保険会社に連絡を。請求用の書類が届いたら、修理の見積書などを揃えて提出します。被害の状況を確認する担当者がやってきたのちに損害額が決まり、保険金が支払われます。

注意したいのは、修理トラブルです。国民生活センターの調査結果によると、「保険金が使える」と、他の箇所もリフォームしてしまう悪徳業者も急増しているようです。当然、保険からは、被害部分の修理代しかでません。中には、代金だけ先に受け取り、逃げてしまうひどい業者もいます。

どんなに慌てていても、「撮影」「信頼できる業者選び」の2つだけは、落ち着いておこないましょう!

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ