現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 老後の家計不安は、杞憂に終わる?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

老後の家計は心配ない!?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/9821bb82a16fad7d6069a3228c62b4f960c14969.77.2.14.2.jpg画像を拡大する意外にも、老後心配なく過ごす人は多い!?

高齢になってからの不安といえば、お金や健康のことを思い浮かべる人は多いでしょう。筆者のもとに相談に訪れるのは、ほとんどが30歳代の人たちですが、老後に楽観的な見通しを持つ人は少数派です。

では、高齢期を迎えている人たちは、家計をどのように感じているのか? 内閣府「高齢者の経済・生活環境に関する調査」(平成28年)に、60歳以上の家計にスポットを当てた調査結果があるので見てみると……。

1.「家計にゆとりがあり、まったく心配なく暮らしている」15.0%
2.「家計にあまりゆとりはないが、それほど心配なく暮らしている」49.6%
 →心配はない(上記1と2の合計):64.6%
3.「家計にゆとりがなく、多少心配である」26.8%
4.「家計が苦しく、非常に心配である」8.0%
 →心配である(上記3と4の合計):34.8%
5.「その他」0.6%

結果からは、老後の家計に心配していない人は64.6%で、全体の約3分の2を占めていることが分かります。老後の心配は取り越し苦労に終わるのでしょうか?

年金受取額の目安を試算してみる

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/67bee70fd6574b5a64a26cac6ceee8a1ba5dba35.77.2.14.2.jpg画像を拡大する年金額の目安を知ることで不安も軽くなります

いまは、定年後も雇用延長で65歳まで働いて収入を得ている人は多いですから、そういった背景が、結果に反映されているのかもしれません。少しでも収入があれば、貯蓄の取り崩しを先延ばしできて、その分不安も少なくなるでしょう。

とはいえ、働くにしても、貯蓄を取り崩すにしても、「年金はいくらもらえるのか?」の目安がわからないと、現役の人たちの将来不安はそう簡単になくなるものではないですね。

将来の年金額の目安は「ねんきんネット」に登録すれば試算できます。年金額は働き方でも変わるので、これから転職や起業、パートでの社会復帰を考えているなら、条件を変えて試算することで、働き方の参考にもなるでしょう。

何よりも、不安になりすぎるのは心身の健康にもよくありません。確定拠出年金や、つみたてNISAなど、国の制度も利用して無理のない範囲の貯蓄習慣を持ちながら、今を楽しく生きることが将来の安心につながるのではないでしょうか。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ