現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 相場は場に出てお金の奪い合い

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

相場は場に出てお金の奪い合い

2018/10/12
この記事に含まれるキーワード

米中貿易戦争はNYダウにとって強材料?弱材料?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/ba67c8c17d50c802994fdb3648a58e95acca7bc9.92.2.14.2.jpg画像を拡大する人が勝手に、強材料・弱材料と言っているだけでは?

米中貿易戦争が続いています。
一説によると、米中間選挙まで続くと……。
米国が対中国製品に関税をかければ、中国は対抗措置として米国製品に関税をかける。
関税が引き上げられれば価格上昇に見舞われ、売れ行きが鈍り、景気後退という連想になり、しかも、GDP世界1位と2位の国による関税引き上げ合戦ですから、世界経済への影響は計り知れないモノがある。

というのは、これまでの一般的な常識のある連想ゲームですが、それはもう非常識でありナンセンスなものかも?
理由はどうであれ、NYダウが米中貿易戦争中に史上最高値を更新したのですから。

関税引き上げで購買意欲が落ち景気が落ち込めば、株価が下がって当然なのでしょうが、今回は逆に史上最高値を更新したわけです。
結果が全てであるのが投資の世界ですから、米中貿易戦争は株価にとって強材料となっています。

流れを制する者が、相場を制す!?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/6aa7189d1a7762846df083ed446640bcc22d0374.92.2.14.2.jpg画像を拡大するPCの向こう側に集まっているお金の奪い合い!?

百歩譲って米中貿易戦争自体は弱材料としても、結果的にこれを上回る強材料がNYダウにはあるということ。
しかし、目立った材料はなく、弱材料として反応を見せていない。
要は強烈であろう弱材料がNYダウを襲っても、そして史上最高値であっても買いたい人がいるってこと。
売りたい資金よりも買いたい資金が上回っているから価格が上昇するのであって、材料などどうでも良く「資金の流れ」だけだということなのでは?

投資で利益をあげたいのならば、流れに付いて行くだけ。
立派な理論が相場を制するのならば、経済学者だけが相場に勝てるということになりますが、相場の世界はそんなに甘い世界ではありません。

もちろん、NYダウが暴落を始めれば、米中貿易戦争を材料視されることもあるのでしょうが、そのときも結局のところ、買いたい人の資金力よりも売りたい人の資金力の方が上回ったというだけのことだと認識しておきたいものです。

相場は経済行為だと綺麗事を並べても、所詮、場に出たお金の奪い合いだということなのでしょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人中村 毅けせらせらFP事務所 代表

<FP-RECOご当地FP®:東京都>
某商社系運用会社にて個人向け資産運用を提供。退職と同時にFPとして『何故、人は損をする行動を好んで取るのか?』をテーマに、個人向けライフプランに積極的に資産運用を組み込み、引退後、心豊かな生活を送って頂けるよう活動中。
HP:けせらせらFP事務所
google+:中村 毅

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ