現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > もうすぐ年末調整 気をつけたいことは?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

もうすぐ年末調整 気をつけたいことは?

2018/10/31
この記事に含まれるキーワード

年末調整 還付がある理由

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/dbfb7f65ad3d3991a4029c4a0d88827a8de4d35a.49.2.14.2.jpg画像を拡大する年末調整 還付がある理由

今年も残すところ、あと2ヶ月と少し。
年末調整の季節がやってきました。

ご存知の方も多いと思いますが、毎月、お給料から天引きされている所得税は、概算。おおむねの金額です。正確な所得税額は、1年間(1月〜12月)のお給料の総額と、所得控除できるものが確定してから算出します。
所得控除できるものは14種類あり、このうち11種類が年末調整で処理できます。

本来支払う所得税額より、天引きされた額のほうが多ければ、差額分が戻ってきます。差額分は、12月のお給料に上乗せする会社が多いようですね。
反対に、天引きされた税額が、正確な所得税額より少なかった場合は、12月のお給料から差額を徴収されます。ボーナスが多かった、扶養家族が減ったという人は、徴収される可能性があります。

年末調整で受けられる控除は11種類 注意点は?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/df044ae1ff2ee442c45fc1a199019bcfff233abc.49.2.14.2.jpg画像を拡大する年末調整で受けられる控除は11種類 注意点は?

以下は、年末調整で申請できる控除の概要です。
該当するものがあれば、書類に記入して会社に提出しましょう。

---年末調整で控除できるもの---
基礎控除…全員一律に適用される控除です(38万円)。
社会保険料控除…本人や生計を一にする家族の社会保険料の支払い額が控除されます。
扶養控除…扶養している家族がいれば受けられます。
配偶者控除…本人の年収が1220万円を超えず、配偶者の年収が103万円以下であれば受けられます。
配偶者特別控除…本人の年収が1220万円を超えず、配偶者の年収が103万円超201万5999円以下であれば受けられます。
障害者控除…本人、配偶者、扶養家族などに、所得税法上の障害者にあたる人がいれば受けられます。
生命保険料控除…生命保険に加入している場合に受けられます。
地震保険料控除…地震保険、一部の損額保険に加入している場合に受けられます。
小規模企業共済等掛金控除…9月までにiDeCoの掛金を拠出した場合に受けられます。10月以降に掛金の拠出を始めた人は、確定申告をする必要があります。
住宅ローン控除…住宅ローンを返済中で、要件を満たす場合に受けられます。
勤労学生控除…学生であること、合計所得金額が65万円以下であること、などの要件を満たせば受けられます。年齢は問いません。
寡婦(夫)控除…配偶者と死別し、後婚姻をしていない人で、要件を満たせば受けられます。

注意したいことは、2018年1月から「配偶者控除」と「配偶者特別控除」が改正されているということ。
大きな変更点は、本人の年収が1120万円を超えると、控除額が段階的に少なくなり、1220万円を超えると控除額がゼロ、つまり控除が受けられなくなります

また「配偶者特別控除」は、対象となる年収が引き上げられています。
配偶者の年収が150万円を超えると段階的に控除額が下がり年収201万6000円で0円になります(2017年までは、配偶者の年収103万円を超えると控除額が段階的に下がり、141万円で0円となっていました)。
これらの年収は1〜12月で計算されます。配偶者控除、配偶者特別控除の枠内で働きたい人は、これまでのお給料を合算し、残りの働く時間を計算しておくと良いでしょう。

今年からiDeCoをはじめた、という人も記入漏れがないよう、注意してくださいね。9月までに掛金の拠出を始めた人は、「小規模企業共済等掛金控除」で所得控除されます。

  • mixiチェック
記事を書いた人井戸 美枝井戸美枝事務所 代表者

<FP-RECOご当地FP®:兵庫県>
ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士として相談、講演、執筆活動などを行っています。複雑なお金にかかわる動きをかんたんに読み解く経済エッセイストとして活動中です。
HP:井戸美枝事務所
google+:井戸 美枝

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ