現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 仕事が終わった後のリスク、見逃していませんか?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

仕事が終わった後のリスク、見逃していませんか?

2018/11/29
この記事に含まれるキーワード

走行中の自動車のタイヤが外れて歩行者を直撃!タイヤ交換した業者の責任は?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/ab0e1acaf18d9149f4d3e2f43426d2df2a7f428b.94.2.14.2.jpg画像を拡大するタイヤ交換の季節が近づいていますが、思わぬ事故に要注意!!

走行中の自動車のタイヤが外れて歩行者に当たるという事故がありました。事故を起こした自動車は、数日前にパンクして業者に依頼して応急タイヤに交換しており、警察ではタイヤを交換したときの状況も調査しているようです。

このような対人事故でも、一般的に運転者や自動車の所有者等には被害者に対して損害賠償責任が発生します。一方で、もしもこの事故の原因がタイヤ交換作業時のミスだった場合には、業者にも損害賠償責任が及ぶ可能性があります。

自動車整備業者には、お客様から委託された自動車を安全に走行できるよう修理・整備することが求められています。万一作業ミスなどが原因で事故が起きた場合には、お客様に対する責任だけでなく、事故の相手方に対する責任も問われることがあるという大きなリスクがあるのです。運転者の自動車保険で補償されても、安心できません。業者は保険会社から求償される可能性もあります。

作業を伴う業者は十分なリスク対策が必要です

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/f171064c41143a8a0c7e2525e3a2595c94b8e6eb.94.2.14.2.jpg画像を拡大する作業終了後のリスクにも十分に備える必要があります

このような事故を「仕事の結果に起因する事故」といいますが、自動車整備業者のみならず、様々な業者に起こりうるリスクで、特に作業を伴う業種では十分なリスク対策が必要となります。

例えば、次のような事例です。

・電気工事業者の配線工事ミスにより、工事終了後に火災が発生し建物が焼失した

・エレベーターの点検後に、点検作業ミスによるドアの開閉トラブルで利用者が怪我をした

・ガス管工事業者によるガス管交換後に、ガス漏れによりガス爆発が発生した

・自転車修理で交換部品を間違え、走行中に部品が外れて転倒し、運転者が怪我をした

・看板の設置工事をしたが、工事の施工ミスで看板が落下してしまい、通行人が怪我をした

こういった損害賠償事故に備えるのが事業者向けの損害賠償責任保険ですが、補償内容の設定が複雑な保険なので、保険契約時に補償内容を十分確認する必要があります。
仕事の終了後に事故が発生した場合には、「仕事中の事故」となりませんので、一般的な業務中の賠償責任保険では補償されません。「仕事の結果に起因する事故」も補償されているかが重要です。

  • mixiチェック
記事を書いた人高根澤 茂高根澤FP事務所 FP・損害保険プランナー

<FP-RECOご当地FP®:栃木県>
大学で法律を学び損害保険会社に15年間勤務した後に、保険代理業、ファイナンシャルプランナーとして独立。保険募集に携わりながら、損害保険の専門家の見地で執筆・相談・セミナーの実施などファイナンシャルプランナーとして活動しています。
執筆ブログ:『他では聞けない保険の話 ちょっと違う角度から・・・』

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ