現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > お得なファミリーバイク特約を利用しよう!

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

お得なファミリーバイク特約を利用しよう!

2012/09/18
この記事に含まれるキーワード

原付バイクが見直されている

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/86db827fd4efd5d5bff11026f93987627238ad80.77.2.14.2.jpg画像を拡大する手軽な原付バイクですが、万一の補償はしっかりと付けたいもの

皆さんは原付バイクに乗ったことがありますか?
一般的にはスクーターなどに代表される「原付一種」のバイクなら、自動車免許を持っていれば運転できますので、日常の手軽な足代わりに利用されている方もいるかもしれませんね。

そして、この原付一種のバイクですが、昨年の国内販売台数が5年ぶりに増加しました。
2011年の国内の二輪車販売台数は40万5,533台で、この内排気量50cc以下の原付一種バイクは25万7,045台と、前年比約11.2%の増加でした(日本自動車工業会調べ)。
要因としては、昨年の東日本大震災をきっかけとした被災地や都心部での需要増と共に、小回りがきくことなどへの再評価が挙げられます。実際に、東北の被災地では復興支援活動に原付バイクが利用されるなど、機動性や有用性が見直されつつあるようです。

しかし、手軽で便利な反面、原付バイクといえども事故が起きれば人や物を傷つけたり、自分自身がダメージを負うこともあります。法律ですべての車両には自賠責保険の加入が義務付けられていますが、原付バイクは車検がないせいか、自賠責保険の期限が過ぎたことに気付かずに乗っている方もいるようです。

原付バイクなら、コンビニでも自賠責保険に加入できる場合がありますので、普段から保険期間には注意をしながら、期限が切れる前に更新することが大切ですね。

原付バイクも任意保険で補償の上乗せを

気を付けたいのは、自賠責保険はあくまで最小限の補償だということ。補償されるのは対人賠償(人身事故)だけで、他人の物を壊したり(対物事故)、自分自身がけがをした場合の補償はありません。そんな時のためにも、自賠責保険で補償されない部分については任意保険に加入し、しっかりと補償の上乗せをしておきたいものです。原付バイクに任意の補償を付けるには、2つの方法があります。

・バイクの任意保険に加入する
・自動車保険にファミリーバイク特約を付ける


このうち、自動車保険を契約している方なら、ファミリーバイク特約を付けることで排気量125ccまでの原付バイクであれば、万一事故が起きた時でも契約している自動車保険とほぼ同様の補償が受けられます。

ファミリーバイク特約の補償内容は、対人・対物賠償を基本補償とし、契約のタイプによっては人身傷害や自損事故傷害が補償される場合もあります。保険料は保険会社によって異なりますが、別途バイクの任意保険に入るよりも安く補償が用意できます。 さらに、ファミリーバイク特約には次のような特徴もあります。

・年齢条件がないので、免許を持った家族が事故を起こしても補償される(※)
・原付バイクを複数台保有していてもすべて補償される
・他人の原付バイクを借りて事故が起きた場合も補償される
・原付バイクで事故を起こしても等級ダウン(保険料の割増)がない


(※例えば、自動車保険の年齢条件が30歳未満不担保の場合で、20歳の人が原付バイクで事故を起こした場合でも補償されます)

このように、すでに自動車保険に加入していて原付バイクにも乗っている方であれば、利用しない手はないと思えるほどお得な特約です。

原付バイクも、乗り物である以上は交通事故で加害者や被害者になる可能性はあります。ファミリーバイク特約を利用した万一の際の補償確保は、運転者としての社会的責任と、財布に優しく手厚い補償の二つを同時に得られるメリットがあると言えますね。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ