現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 自動車保険「等級ダウン」しない事故ってあるの?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

自動車保険「等級ダウン」しない事故ってあるの?

2019/01/22
この記事に含まれるキーワード

■「ノーカウント事故」は等級に影響しない

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/890f64360e8a63184abb8ac4236d9a2165225395.53.2.14.2.jpg画像を拡大する大きな事故のときこそ、自動車保険が頼り。心置きなく使いたいものです。

車などで事故を起こして、自動車保険を使うと、原則、翌年度の等級は下がります。ただし、事故扱いにならない「ノーカウント事故」の場合は、等級は下がりません。どんな事故が該当するのか、詳しくみていきましょう。

「ノーカウント事故」とは、そもそも等級には影響がない補償のみを利用した事故のことです。たとえば、加入者本人や同乗者が死亡・ケガをしたとき、事故の相手が無保険だったために保険を使った場合などが、これにあたります。また、特約は、はじめから等級には関係ありません。

〈ノーカウント事故の例
以下のいずれかのみ、または、これらの組合せのみの事故の場合がノーカウント事故に該当します。

・搭乗者傷害保険
・人身傷害補償保険
・無保険車傷害保険
・ファミリーバイク特約
・弁護士費用特約
・個人賠償責任特約 
  など

等級が下がらなければ、当然、保険料も上がりません。ノーカウント事故があっても、ほかに事故がなければ、翌年度の等級は、通常どおり1等級上がります(20等級が限度)。

■車両保険を使ったときも、等級ダウンしないケースがある

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/200a902ac9cc7532e1393a1770568c16fd2d0f57.53.2.14.2.jpg画像を拡大する駐車中にこんな当て逃げ……保険で修理しても等級ダウンなし。

車両保険を使った場合も、原則、等級は下がります。しかし、例外があり、自分の過失が0%の場合は、事故扱いになりません。たとえば、止まっているときに追突された場合や、当て逃げされた場合などです。「車両無過失事故特約」によるものですが、ほとんどの車両保険に自動的にセットされています。

ちなみに、保険会社に事故を伝えても、自費で修理をしたときは、等級は下がりません。

自動車保険に加入、更新するにあたっては、こうした等級制度のしくみをしっかり理解しておくことが大切です。各保険会社が定めている「ノーカウント事故」も、あらかじめ確認しておきましょう。

余談ですが、運転が破滅的にヘタな筆者は、かつて、2年連続でよそさまの車にコッツンし、等級も順調?!にダウン。保険料が大幅に上がり、痛い思いをしたものです。 そもそも、事故を起こさないことが第一。日頃から安全運転につとめましょう!

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ