現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 自動車保険の「無制限」ってどういうこと?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

自動車保険の「無制限」ってどういうこと?

2019/01/25
この記事に含まれるキーワード

基本補償は対人賠償と対物賠償

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/1d79ee5e8221d90eb5674c852ecb00a7db9fa2ca.54.2.14.2.jpg画像を拡大するあなたの自動車保険の補償内容は?

自動車保険を考えるうえで、基本補償となるのは対人賠償と対物賠償。

対人賠償は、自動車の運転中に他人にケガを負わせたり、死亡させたりと法律上の損害賠償責任が生じた場合に、相手方の治療費や慰謝料などを補償する保険です。保険金は、自賠責保険の補償額を超える部分に対して支払われます。

対物賠償は、自動車の運転中に他人の自動車や家屋などを壊してしまい、修理費用などの法律上の損害賠償責任を負った場合に補償する保険です。

自動車事故は賠償額が1億円を超える高額なケースがあるため、対人・対物賠償保険について、多くの人は無制限で加入していると思いますが、この「無制限」の意味を正しく理解しているでしょうか?

無制限といっても、その範囲は……

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/828a5f8150cdd5f3b682fda636809ac36b665289.54.2.14.2.jpg画像を拡大する補償内容を正しく理解しておきましょう!

『交通事故で相手方自動車を破損してしまったので、自動車保険の対物賠償で補償しようとしたら「時価額までの補償」と言われ、修理費全額は支払われませんでした。対物賠償の補償額は無制限にしていたのに納得できません。』

独立行政法人国民生活センターのホームページ(身近な消費者トラブルQ&A ※1)に掲載されている質問です。

対物賠償の保険金額が「無制限」というのは、損害賠償責任の範囲内の金額を無制限で補償するという意味であり、損害賠償責任の負担額を超えて無制限に保険金が支払われるわけではありません。上記のケースの場合、通常は事故発生時の時価額が損害賠償責任の負担額上限となり、時価額を超えた部分の修理費等は補償の対象外となります。

そのため、相手方が時価額を超えた修理を希望する場合、時価額と修理費用の差額を請求されることもあります。このような場合に備えて、時価額を上回る超過修理費を補償できる特約や保険商品等を扱っている保険会社もあります。

自動車事故を起こしてしまった場合、思っていたような補償ではなかった……ということにならないためにも、今加入している自動車保険の補償内容を理解しておくことが大切ですね。


※1 国民生活センター 「無制限のはずなのに補償されない自動車保険」

  • mixiチェック
記事を書いた人丸山 高信With FP Partners 代表、CFP(R)・宅地建物取引主任

<FP-RECOご当地FP®:滋賀県>
大手会計事務所・コンサルティング会社・等を経て独立。人生で一番「お金のこと」「将来のこと」を考えるタイミングである、マイホーム取得者向けに住宅ローンの相談業務を行っています。会計事務所で培った「分析力・提案力」と、講師業により身につけた「わかりやすい説明」が好評。
ホームページ:With FP Partners
google+:丸山 高信

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ