現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 忘れないで!自動車保険の変更手続

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

忘れないで!自動車保険の変更手続

2019/01/30
この記事に含まれるキーワード

変更の通知をしないと保険金が支払われないことがあります

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/5a65c9ee31738800b44af68509e5837307a7b83b.94.2.14.2.jpg画像を拡大する変更の通知は忘れずに!保険金が出ないことがあります

自動車保険には、保険会社に変更内容を必ず通知しなければならない事項があります。主な通知事項は、対象自動車の用途車種、登録番号の変更や使用目的の変更等ですが、保険会社によって違いがあります。契約時に交付される「重要事項説明書」や「契約のしおり(約款)」に記載されていますので、確認しておきましょう。

通知を忘れて事故を起こした場合、保険金が支払われないことがあります。例えば、日常生活で使用していた自動車を、就職して通勤で使うようになったが、保険会社への通知を忘れて、通勤で運転中に事故を起こしてしまい、保険金が支払われないケースなどです。

また、運転者の範囲や年齢条件が変わる場合も通知をしなければ、原則として保険金が支払われません。特に家族が新たに免許を取得して運転する場合は、通知を忘れないよう注意が必要です。

保険期間の途中に変更することでお得になることも!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/77af5a86a60f3c1ce512ee185bcb0c140515fe53.94.2.14.2.png画像を拡大する無駄な保険料を払わないように気をつけましょう!

自動車保険は一年ごとに更新している方が多いと思いますが、満期の時にしか見直しできないわけではありません。保険期間の途中で運転者の年齢条件や範囲を変更したり、解約して加入し直したりすると、保険料が安くなることがあります。

例えば、以下のようなケースがあります。

・保険期間の途中で、同居の親族で一番若い運転対象者の年齢が、21歳、26歳、35歳などに達した時、年齢条件を変更することで保険料が安くなります。

・同居の親族で一番若い運転対象者が別居することになった場合、別居の親族は年齢条件の対象者ではなくなるので、年齢条件を変更することで保険料が安くなります。

・保険期間の途中でゴールド免許になった場合、ゴールド免許割引を適用するためには、一般的に一度解約して再契約する必要があります。満期が近く等級の進行を待った方が良い場合もありますので、現在の等級や残りの保険期間によって判断します。

このようなケースでは、手続しないまま満期を迎えると、無駄な保険料を払うことになってしまいます。少しでも無駄な保険料を払わずに済むように気をつけましょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人高根澤 茂高根澤FP事務所 FP・損害保険プランナー

<FP-RECOご当地FP®:栃木県>
大学で法律を学び損害保険会社に15年間勤務した後に、保険代理業、ファイナンシャルプランナーとして独立。保険募集に携わりながら、損害保険の専門家の見地で執筆・相談・セミナーの実施などファイナンシャルプランナーとして活動しています。
執筆ブログ:『他では聞けない保険の話 ちょっと違う角度から・・・』

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ