現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 自動車保険のほどほど契約とは?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

自動車保険のほどほど契約とは?

2019/02/06
この記事に含まれるキーワード

保険はほどほどに!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/9fdc0ea01f00c0941f45dd221fe9c3b3385d2f90.26.2.14.2.jpg画像を拡大する人の保険も車の保険もほどほどがお勧めです

自動車保険を契約するときに、どのような内容にしたら良いのか悩む人も多いと思います。 保険は内容が手厚いほど安心できますが、たくさん補償をつけるとその分保険料が高くなりますので、「ほどほど」にしておく必要があります。 「ほどほど」とは、ないと困る補償に、お金を払ってでも備える価値があると思える補償を付ける程度にすることです。

お勧めのほどほど補償とは?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/2281406e1f65c809339d7ccea5687104ff911f7c.26.2.14.2.jpg画像を拡大する心配な人は補償を追加しても良いでしょう

○ 対人・対物賠償保険(※):無制限
相手に怪我をさせたり相手の物を壊してしまった場合に備える保険です。後遺障害状態で5億円を超える賠償額になったり、荷物を積んだトラックで賠償額が1,000万円を超えることも珍しくありませんので、無制限がお勧めです。

○ 搭乗者傷害保険(※):なし
契約した車に乗っている人に対する補償ですが、似たような補償で人身傷害補償保険がありますので、ほどほどで良い場合は外しても良いでしょう。

○ 人身傷害補償保険(※):3〜5,000万円
自動車事故による治療費全額が保険の対象になることと、休業損害なども保険の対象となるため、自営業の人などには特にお勧めです。

○ 車両保険(※):なし
車に対する補償ですが、ほどほどで良い場合は修理費用は自己負担しましょう。

○ 弁護士費用特約(※):付帯
事故対応で困ったときに弁護士に対応を依頼できる心強い補償でお勧めです。

○ 個人賠償補償特約(※):付帯
交通事故以外でも日常生活全般で、他人の物を壊した場合などに備えることができます。ただし、世帯で一つあれば良いので、火災保険に付いていたり、他に契約しているものがあれば外しても良いでしょう。

○ ドライブレコーダー特約(※):付帯
事故時のトラブル回避に役立つのでお勧めです。

補償を減らすほど保険料は安くなりますが、保険はいざというときの備えなので、削りすぎも考えものです。 上記は個別の事情を無視した私見ですが、安いことが良いこととは限りませんので、自分にとって「ほどほど」の内容にしておくことが大切です。

※ 名称は保険会社によって異なることがあります

  • mixiチェック
記事を書いた人小川 和哉Mクリニック 代表

<FP-RECOご当地FP®:北海道>
札幌のFP事務所Mクリニック代表。顧客にとって最適な保険・金融商品や不動産の紹介、教育・老後資金や住宅ローンのアドバイス等幅広い相談に対応。先入観にとらわれず、ジャンルの垣根を越えたオールラウンドなアドバイスが好評。特に20代~40代の若い世帯に人気がある。ブラックコーヒーと甘い物をこよなく愛する。
ホームページ:Mクリニック
google+:小川 和哉

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ