現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 火災保険の「保険金額」あっていますか?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

火災保険の「保険金額」あっていますか?

2019/05/22
この記事に含まれるキーワード

火災保険の保険金額を決める方法は?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/0c6aa477d92aa556cec7e0611fe8a8fa3a14f831.77.2.14.2.jpg画像を拡大する保険金額は「新価」で設定するのが基本です

火災保険を契約するとき、補償内容はもちろんですが、「保険金額」の設定も重要です。保険金額というのは、火事などで損害を受けたときに補償される、上限額のことをいいます。

新築の家や新品の家財なら、建築価格や購入価格を保険金額として契約すればいいのでわかりやすいでしょう。しかし、建築・購入してから年数が経っていると、見直しや更新のときなどに保険金額をいくらにしたらいいのか迷うかもしれませんね。

保険金額は、建物や家財の「評価額」を元に決めるのですが、その方法には「新価」と「時価」の2つがあります。「新価」は、いまの家と同等のものを新しく建築するのに必要な額。「時価」は新価から経年による消耗分や価値の減少分を引いた額です。

では、保険金額はどちらで決めたらよいのか? 基本は「新価」で契約します。そうでないと、建物や家財が全焼してしまったときに、保険金だけで元のように再築することが難しくなってしまうからです。

受け取れる保険金は評価額まで!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/f31ea33497c6fd1b03c49f73648abfce90660129.77.2.14.2.jpg画像を拡大する適正な保険金額になっていますか?

仮に20年前に2,000万円で家を新築したとしましょう。その後、建築費の上昇などで同等の家を建てるのに2,200万円必要なら、保険金額は2,200万円に設定します。これが、新価での契約方法です。

ただし、「新築時には子供が3人いたから広い家が必要だったけど、いまは子供が独立して夫婦2人だから、以前と同じ家でなくてもいい」ということであれば、新価を下回る保険金額でもよいかもしれません。

一方で、「新価を超える保険金額で契約したらどうなる?」と思う人がいるかもしれません。先述の例で、仮に2,500万円で契約して家が全焼しても、受け取れる保険金の上限は評価額の2,200万円です。保険をかけすぎた分は保険料のムダになります。

いまは新価が主流ですが、過去の火災保険では時価評価になっているかもしれません。契約してから年数がだいぶ経過している人は、一度、火災保険の保険金額が適正な額になっているか点検してみましょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人高橋 浩史FPライフレックス 代表

<FP-RECOご当地FP®:千葉県>
マイホームの実現を資金計画の面から応援する、住まいの購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)。 高額な保険加入と住宅資金計画の失敗をきっかけにFP資格を取得し、2011年にFPとして独立。 「業界用語やカタカナ言葉を使わず、日常の言葉で語れるファイナンシャルプランナー」として、相談時の分かりやすさには定評がある。
サイト:FPライフレックス
google+:高橋 浩史

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ