現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 長生き時代の申し子「トンチン保険」とは?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

長生き時代の申し子「トンチン保険」とは?

2019/06/21
この記事に含まれるキーワード

100歳まで生きる?! 長生きに備える保険

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/f19bc08716d2e6f5b32d330298f4264c5defaad6.53.2.14.2.png画像を拡大するリタイア後は長い?!足りない生活費をどう補いますか?

ちょっとユニークな名称が目をひく「トンチン保険」。どんな保険かご存じですか? しくみやメリット・デメリットなどを知って、自分に必要な保険かどうかを考えてみましょう。

トンチン保険は、長生きに備える保険。生きている限り、年金(保険金)を受け取れるというもので、長生きした人ほどトクをするしくみになっています。こうした制度を考案したイタリア人の「トンティ」に由来して名付けられました。

実際に加入できるのは、50歳以上の人です。何歳まで入れるか、何歳から年金を受け取れるかなどの要件は保険会社によって異なります。

トンチン保険のメリットは、なんといっても生涯にわたり年金を受け取れること。また、個人年金保険料の対象となるため、加入により税金を抑えることができます。

一方、告知がいらないことなどもあり、どうしても保険料は高めです。また、年金の受取開始前に死亡してしまうと解約扱いとなり、受取額は支払った保険料よりも少なくなります。

では、気になる保険料や、いくつまで生きるとトクなのかの目安をみてみましょう。

「預貯金が底をつく不安」を和らげる目的もある

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/01f779570da2b4e77d5f5498bb13670999aca8dc.53.2.14.2.png画像を拡大する50代目前で、将来のお金をプランし直してみよう!

以下は、ある保険会社の商品の一例です。

【例】70歳まで払込み70歳から受け取るケース
   (10年保証期間付)
〈男性の場合〉
加入年齢:55歳
月々の保険料:54,000円
70歳からの年金額:約51万円(年)
受取総額が保険料総額を上回る年齢:89歳
100歳まで生きた場合の返還率:163%

年金の受取開始後に早く亡くなった場合でも、受取開始から規定の期間分(5年、10年など)の年金が保証されています。また、年金の受取時に一時金や確定年金(10年など)受取に変更できる商品もあります。

何歳まで生きるかは神のみぞ知ること。この例では、89歳を超えないと受取総額が支払った保険料総額より少なくなってしまいますが、私は、むしろ、トンチン保険に加入するメリットは、リタイア後の何十年もの間、「公的年金を補う預貯金が底をついてしまったらどうしよう」といった不安を抱き続けずにすむ点にあると思っています。ぜひ、こうした一面も加入を検討する際の基準に加えてみてください。

いずれにせよ、リタイア後の生活費のメインは公的年金です。不足分を補える預貯金が十分にない人は、トンチン保険で備えておくことも検討してみましょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人髙木 惠美子FP事務所ラパン 所長

<FP-RECOご当地FP®:愛知県>
知識とホスピタリティを結集し、悩める家計をハッピーへとプロディース中!アドバイスはもちろん、実行までとことんサポートする実務家FPです。しがらみのない「自由な視点」で情報発信。「こころが豊かになるものにはおかねを使おう!」がわたしの持論です。
HP:FP事務所ラパン
google+:高木 惠美子

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ