現在地
トップ > 楽天の保険比較ニュース&リサーチ > 老後資金が年金だけで足りないことを知らなかったの?

楽天の保険比較ニュース&リサーチ

生活に役立つお金と保険のニュースやリサーチ情報をご提供します。

老後資金が年金だけで足りないことを知らなかったの?

2019/07/08
この記事に含まれるキーワード

ねんきん定期便で確認をしよう!

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/7ad5155374b2ded01edadf45bd5625404ad39131.92.2.14.2.jpg画像を拡大するあなたはご自分の年金受給額をご存知ですか?

巷で話題となった「老後に2000万円足りない」という報告書。
これだけを見ると衝撃的な見出しでしょうが、年金だけでは足りないということは、ねんきん定期便を見れば誰もが分かることで、目新しいことではありません。

老後資金が足りないことと、年金システムの崩壊という話は全く次元の違う話であって、大騒ぎをしても年金受給額が増えるわけはなく、時間の無駄なのかも?
何故に踊らされているのかは分かりませんが、踊っている時間があれば、自分の老後資金について考えたほうがよほどためになるでしょう。

若いうちから毎月1万円ずつ貯蓄をし40年間経過すれば480万円になるわけで、足りないであろう老後資金の足しにはなるはずです。
そして貯蓄だけではなく投資・運用も考えれば、3回から4回のボーナスで100万円の資金を用意し、これを年4%で20年運用すると、約220万円になるのです。

あなたはどんなタイプ?

image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/14/6d1e23d2a8fa0244f310ccf79a412cc71bfbf640.92.2.14.2.jpg画像を拡大するリスクとリターンは常に背中合わせ

ここで、元金を倍にする数字「72」をご紹介します。
覚えておいていただきたいのは「運用年数✕複利利回り=72」と言う公式。
この式に当てはめると、元手が倍になります。

10年✕7.2%=72
20年✕3.6%=72
30年✕2.4%=72
40年✕1.8%=72

元金を10年で倍にするには7.2%の複利、20年ならば3.6%の複利が必要だということ。
投資・運用にはリスクが伴い、リターンは背負ったリスクによって変わってきます。
短期間で元手を倍にすることは計算上可能ですが、その分リスクも大きくなります。時間を味方につければ、低リスクで運用ができるのです

あなたの背負えるリスクはどのくらいですか?
老後資金が足りないのならば、自分にあった老後資金の備え方を考え行動に移すことが、文句を言うことよりも大切なことなのでしょう。

  • mixiチェック
記事を書いた人中村 毅けせらせらFP事務所 代表

<FP-RECOご当地FP®:東京都>
某商社系運用会社にて個人向け資産運用を提供。退職と同時にFPとして『何故、人は損をする行動を好んで取るのか?』をテーマに、個人向けライフプランに積極的に資産運用を組み込み、引退後、心豊かな生活を送って頂けるよう活動中。
HP:けせらせらFP事務所
google+:中村 毅

関連記事一覧

新着記事一覧

あなたの保険の疑問、お気軽にお問い合わせください。
楽天の保険比較に相談するメリット
  • 複数の保険会社の商品を扱っているので、あなたにピッタリの提案ができます!
  • メール、電話、対面の3つの方法から自由にお選びいただけます!
今すぐ問い合わせる

このページの先頭へ